トップ > 桃(もも)

おいしい桃(もも)

清水白桃

ここがおいしい!

ももの名産岡山県で育った清水白桃は絶品です!白くてほわっとした見た目の中味はみずみずしく甘さ控えめで何度食べてもおいしいと感じる味わいです。冷蔵庫で冷やしてそのまま切って食べるのもおいしいですが、アイスと一緒に食べたり、ケーキやムースの上に飾り付けとして使っても見た目もきれいでおもてなしスイーツやお祝いのデザートとしてもおすすめの一品です。焼き菓子やジャムといった調理ももちろんおいしいですが、見た目の白さを生かした調理のほうが見ても美しくおいしさも格別なものになります。(ぽっぽ)

ここがおいしい!

他の桃に比べて酸味が少なく甘くて美味しい。ほのかに甘い桃の香りもするので、高級感が感じられる。大きさが他の桃より大きいが、味はしっかりとしている。食べ頃は少し熟して柔らかいときが1番甘くて美味しい。果汁がたっぷりあって噛んだときにジュワっと口の中に味が広がる感じがたまらない。果肉も柔らかく、口の中でとろけるような感じがある。食べる少し前に氷水の中に入れて、冷えた頃に食べると甘味が一層増しておいしい。(としちゃん)

黄桃

ここがおいしい!

すっきりした甘さの白桃と比べると、濃厚な甘さが特徴の黄桃。缶詰の桃のイメージが強い黄桃ですが、私にとってみれば生食のほうがいつも食べ慣れている味になります。熟すと本当に柔らかく口の中でそのまま溶けてしまう勢いの黄桃。完熟していない、まだ硬さの残る黄桃も食べごろで、甘さと酸味が絶妙な組み合わせで食べることができます。そのまま食べるのがベストですが、タルトなどのケーキに生の桃を使って作ってみてもおいしいと思います。(bitter)

黄金桃

ここがおいしい!

なんといっても見た目の違いです。黄桃の一種ではあるが、一般的な桃とは違い、マンゴーみたいに鮮やかに黄色くなっています。ジューシーな食感も一つの特徴であるでしょう。一番大事な味ですが普通の桃に比べて甘みが強くいことが特徴でしょう。桃はやっぱりそのまま食べるのが一番だと思います。買って冷しておき、その日のうちに食べますね。後は、夏なんかだと少しだけ冷凍庫で冷やし、ほんのり凍った状態で食べるのも良いでしょう!まるごと桃アイスとでも名付けたいくらいです。(八咫烏)

白鳳

ここがおいしい!

見た目は白とピンクの割合がちょうどよく、いかにも美味しそうに見える。味は酸味は少ないが、甘さが強くてみずみずしく、食べると果汁が滴る感じでとても美味しい。食感は繊維が少なくて歯に絡まないし、柔らかく水分が多い為、口の中でじゅわっと広がる。酸味が少なく甘いのが特徴なので、酸味があるヨーグルトに混ぜてもいいアクセントになって美味しい。ただ甘いだけでなく品のある甘さであるので、甘いのが苦手な人でも美味しく食べられる安定した味わいである。(もふぱか)

白桃

ここがおいしい!

とても甘くてとても柔らかいので食べやすいし、美味しいのでオススメです。風邪引いた時でもほかの果物に比べて食べやすいので喉が痛い時や食欲がない時でも食べることができます。そしてお菓子などを作る方ならデザートにすることもできます。それに桃にもたくさんの種類と味がありますが果汁が多く甘くて柔らかい白桃をオススメしますが自分にあった食感や甘さを食べ比べるのも楽しいかも知れませんね。白桃は、皮は、ピンク色で可愛いし、皮を剥けば真っ白でとても綺麗ですよ。(ナナ)

あかつき

ここがおいしい!

とても甘くてとても柔らかいので食べやすいし、美味しいのでオススメです。風邪引いた時でもほかの果物に比べて食べやすいので喉が痛い時や食欲がない時でも食べることができます。そしてお菓子などを作る方ならデザートにすることもできます。それに桃にもたくさんの種類と味がありますが果汁が多く甘くて柔らかい白桃をオススメしますが自分にあった食感や甘さを食べ比べるのも楽しいかも知れませんね。白桃は、皮は、ピンク色で可愛いし、皮を剥けば真っ白でとても綺麗ですよ。(ナナ)



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴