トップ > 薩摩芋(さつまいも)

おいしい薩摩芋(さつまいも)

安納芋

ここがおいしい!

安納芋は他の品種と比べて甘みが強く、トロッとしていてなめらかな食感がとても美味しいです。特に、焼き芋にしたときが甘みが強く感じます。とても甘いのでデザート感覚でたくさん食べてしまい太ってしまいます。また、割ったときに安納芋にしかない鮮やかな黄色は見るからに美味しそうなので食欲がそそられます。今までは安納芋と言えば、焼き芋というイメージが強かったのですが最近ではプリンなどの加工した商品も発売されているためそのような商品が発売されているのを見るとついつい買ってしまいます。(もっぷ)

ここがおいしい!

種子島の安納芋はよくスーパーで売られているさつまいもとは違い、とっても甘くてねっとりしています。さつまいもの皮を剥いた中の色は鮮やかな黄色いで見るからにヨダレがでてきそうです。このさつまいも自体ですごく甘いので調理法は蒸かし芋か焼き芋のみです。お肉や他の野菜と合わせて調味料で味付けなんてもってのほかです。シンプルに素材のみです味を堪能するのが1番のオススメです。ただ1回、大学芋で食べたことがありますが、大学芋にはこの安納芋が合っており、より美味しい大学芋が食べれました。(ゆず)

ここがおいしい!

手のひらサイズの可愛いさつまいもです。焼く前はだだのさつまいもなのに、焼くと他のさつまいもとは明らかに違います。安納芋からは蜜がたっぷり溢れていて、見ているだけで嬉しくなります。芋の皮を剥くと黄金色の綺麗な中身があらわに。スイーツのようにスプーンですくって食べるのがオススメ。一口含むとふわっと自然の甘みが口に広がります。本当に甘い。でもすごく優しい甘さ。イメージとしては自然のスイートポテトという感じです。調理するよりもそのままを味わって欲しいです。(くまくま)

ここがおいしい!

うちの家族は皆、安納芋の焼き芋が大好きです。焼き芋鍋でじっくり焼いていくと甘い蜜が垂れてきて、もうたまりません。部屋中に甘い香りが漂ってきます。焼きあがった熱々のお芋を割ると、中が濃いオレンジ色をしていて見るからに美味しそうです。口に入れると甘さがズドンとやってきてまるでスイーツのようです。「甘い、美味しい!」を連呼しながら食べています。おせち料理の栗きんとんもうちでは安納芋で作っています。お砂糖を殆ど入れなくても美味しく出来上がります。息子達は、2人ともこの栗きんとんが大好きです。(yuyu)

ここがおいしい!

安納芋はやはりあの甘み!オレンジ色の身が特徴です。そして、焼き芋にした時のねっとり感は、他の品種では無いのではないかと思います。甘みはほぼお砂糖を食べているように思えるほど甘く、スイートポテトよりも甘く感じます。鹿児島はさつまいもの品種が豊富ですが、やはり安納芋に勝る品種は無いと思います。調理方法はオーブンで1時間かけて焼く焼き芋がいいと思いますが、天ぷらもいいですね。素材の持ち味を生かす料理が一番です。(ゆーみん)

ここがおいしい!

安納芋の黄金は、安納芋の中でもより珍しい品種で糖度がとても高いので野菜というよりはそのままスイーツ感覚で食べられるところがおすすめです。もちろんスイートポテトやさつまいもパイなどにしてもおいしいですがお砂糖をほとんど入れなくてもよいくらい甘さがあります。その他にもさつまいもご飯やコロッケにすると子どもがおいしいと言っていつもよりもたくさんご飯を食べてくれます。さつまいもの調理方法は意外とたくさんあるのでアレンジしたりして楽しんでいます。(おいもちゃん)

ここがおいしい!

皮は赤褐色、中は淡い黄色のさつまいもで、特徴は水分が多い粘質性で、焼いた芋がまるでクリームのようにねっとりとした食感を持っていて洋菓子のスイートポテトみたいな感じです。とても糖度が高く、生の状態でもおおむね16度前後もあります。焼くと糖度が40度にまで高まり、とても甘くておいしくなります。糖度の割にカロリーが低く、バターや砂糖を加えなくても十分な甘みがあります。栄養面でも優れていて食物繊維やカロテン・ビタミンなど豊富に含まれています。(かすたどん)

ここがおいしい!

甘くて、お芋の色がきれい!もっと素晴らしいさつまいもがあるかもしれないけど、身近に手に入るさつまいもの中で1番大好きです!!!!とても味も濃厚です。さつまいもはお料理にもとても使いやすく、デザートから、煮物など何にでも使えますし私が一番好きなのがさつまいもご飯です。ご飯と合わせる事で甘みも増して相性が抜群です!しつこくなくていつまででも食べてられます。最近は野菜が高くなって来ていますが、是非この時期にぴったりで、手に入りやすいさつまいもをたべてみてください!!!(みいやん)

ここがおいしい!

毎年、種子島の知人から送られくるのですが届いてから2,3週間後に食べて下さいと言われています。収穫してから熟成期間を置いて食べると、糖度が増すのでしょうか? 薩摩芋と比較するととても甘く柔らかいです。一番美味しさがでるので焼き芋で、普通のサツマイモで作ったスイートポテトを食べているようか食感と甘さです。調理して食べるなら素朴に天ぷら。甘いのでデザートで使用する場合は砂糖をいれず、安納芋の甘さだけで問題ありません。色が黄色というよりオレンジに近いのでとてもきれいなデザート(プリンやチーズケーキ)で濃厚な味になります。(phiyosuke)

紅はるか

ここがおいしい!

甘太くんはお芋自体は太いわけではないのですが、焼き芋にした時のしっとりした中にあるほくっとした食感が大好きで寒くなるとオーブンの焼き芋コースを利用して美味しくいただいています。おじいちゃんたちも甘いのにスッキリした後味が好きなようでたまにスイートポテトを作って手土産に持って行ったりもします。お砂糖を加えなくてもバターと甘太くんを混ぜただけで簡単に作れるので健康に気を使っている方へのプレゼントにも利用しています。子供たちのおやつにもなるのあっと言う間になくなっしまいます。(ぷーとん)

シルクスイート

おいしいシルクスイート特集

→ 甘くておいしい熊本西原村のさつまいも



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴