トップ > 山形県

山形県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!山形県のおいしいもの

山形県のおいしいにぼしDX

麺屋丸文 の にぼしDX

ここがおいしい!

澄んだ色のスープに極太麺と細麺が選べて、豚の背脂がのったあっさりしつつコッテリな濃厚なにぼしの出汁のラーメンです。にぼしの風味と背脂のコンビネーションが一度食べたらやみつきになります!(おやさい)

お店の場所

山形県山形市平久保16-4

山形県のおいしいメンチカツ定食

小福 の メンチカツ定食

ここがおいしい!

ラーメン屋ですがここのメンチカツは切った瞬間に肉汁がじゅわーっと出てきてとても美味しいす。やみつきになります。(水戸黄門)

お店の場所

山形県山形市寿町9

山形県のおいしいラーメン

ケンちゃんラーメン の ラーメン

ここがおいしい!

ラーメン消費量日本一の山形県の中でもトップクラスに人気の店です。強い煮干しと醤油のスープ何とも言えない独特の麺中毒性のあるお店です。(ten)

お店の場所

山形県山形市西田2-1-17

山形県のおいしいラーメン

満月 の ラーメン

ここがおいしい!

薄いワンタンの生地にアンを包んだここでしか味わえないワンタン麺です。地元の人なら知らない人はいない酒田ラーメンの代表です。(sara)

お店の場所

山形県酒田市東中の口町2-1

山形県のおいしい黒味

ほんわか の 黒味

ここがおいしい!

昼間営業のほんわかラーメンもおいしいけど、夜限定メニューで見た目も黒く、ニンニクがきいていて美味しい(にゃん吉)

お店の場所

山形県山形市若宮1丁目8-9

山形県のおいしい辛味噌ラーメン

龍上海 の 辛味噌ラーメン

ここがおいしい!

赤湯ラーメンの発祥ともなる中太麺にこくがあって濃厚な辛味噌スープがよく絡んでとても美味しいです。休日では県外からのお客さんで賑わっています。(ごまにゃん)

お店の場所

山形県南陽市二色根6-18

山形県のおいしい長芋揚げ

マグダレンカ の 長芋揚げ

ここがおいしい!

長芋の食感が残っています。梅ソースをつけるとさっぱりとした味になり1皿分くらいなら飽きずにたべられるとおもいます。(大きい)

お店の場所

山形県山形市下条町2丁目4-16

山形県のおいしい冷たい肉そば

みづき庵 の 冷たい肉そば

ここがおいしい!

ここの冷たい肉そばは、他のお店に比べ、スープがあっさり澄んでいて丼一杯飲めます。山形の肉そばの特徴である親鶏肉も、甘すぎずしょっぱすぎず、そばとスープと絶妙にあいます。(もんもんもん)

お店の場所

山形県南陽市椚塚1970-1



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



山形県の紹介

3つの盆地と1つの平野からできている山形県は、山が多く自然を身近に感じられるところです。大きな道路・建物が少ないため、静かでとてものどかです。山形県は、ジブリ映画「思いでぽろぽろ」の舞台にもなっており、今でも映画の時代と景色がほとんど変わっていません。トトロのような木があったり、「千と千尋の神隠し」に出てきたような温泉旅館があったりと、様々なところでジブリの世界のような雰囲気を味わえると思います。

山形県の自然

山形では、山が多いためトレッキング・スキー・キャニオニング・ラフティングなどなど自然を満喫できるスポーツが楽しめます。特に樹氷で有名な蔵王がおすすめです。疲れた体を癒す、温泉が最高です。大露天風呂というところで、ロケーションが抜群です。渓流沿いにある露天風呂なのですが、200人は入れる巨大な岩風呂になっています。森林に囲まれているため、開放感が味わえます。

山形県のおすすめスポット

山形県は、ラーメン王国です!!はずれのお店が少ないです。県内だけで、6種類のご当地ラーメンがあります。また、温泉も各所に点在しています。90もの温泉地があります。それぞれの泉質も違うので、湯めぐりにはもってこいの県です。

山形県の人

山形県では4つの地方それぞれに方言があります。それぞれの文化があり、地域性も全く異なるため、別の県のようで面白いです。田舎なので閉鎖的ではありますが、一度打ち解けると面倒見がよく、非常にフレンドリーな県民です。

山形県のお祭りイベント

山形といえば、芋煮会です。県民のソウルフード芋煮!! 山形市内の河川敷では「日本一の芋煮会」が毎年開催されています。山形市だけでなく、長井市・中山町など各所でイベントが開催されます。山形県民にとって、芋煮会がコミュニケーションツールとなっており、年に一度は友人たちや職場の人と集まって鍋を囲みます。

蔵王町

蔵王町のいいところ
大露天風呂
広さ抜群、そして細工お品質の露天風呂です

スキー場にあるその名も「蔵王スキー場のリフト乗り場。そこに内湯もなく、ただただ広大な露天風呂が広がります。 実際見れば驚くほどの広さとその湯質。もともと温泉としては最高の場所ですが、その中でも最高のお風呂です。

スキー場にあるその名も「蔵王大露天風呂」イオウが強く、貴金属類は即黒ずみます。それほど良質な温泉。シャンプーも石鹸もなく、ただ、入るだけ。しかし、このお風呂は病みつきになりますね。何時間でも要られます。冬だけでなく、オールシーズン対応。この露天風呂だけのために遠くから訪れる観光客も多い場所です。お気に入り。

御釜
蔵王のシンボルといえばここでしょう。一度二度行って。

蔵王五色岳にある火山湖です。季節?や天候等の条件によってエメラルドグリーン調やるり色調に湖面の色が変わり、人々を楽しませてくれます。その豊かな表情を見せてくれるのはまさに蔵王のシンボルでしょう。良いです。

基本的にはエメラルドグリーンの水をたたえる湖ですが、季節や天候、そして太陽の光の具合で色が変わることから五色沼とも呼ばれているみたいですね。見飽きない美しさがなんといっても魅力です。何回も訪れたい場所です。駐車場から展望台まではバリアフリー対応になっていますので、老若男女どなたでも安心して観光が楽しめます。

樹氷
氷でできたエビの尻尾は冬に訪れたら見るべき

冬季の蔵王といえばの風物詩ですね。アオモリトドマツの葉に強い西風に乗った氷の粒が衝突してできるため、風上に向かって"成長"するその姿は『エビの尻尾』に例えられると地元では言います。すみかわスノパークでは、深雪の樹氷地帯まで鑑賞ツアーに行くことができます。

樹氷と聞いて、最初はもっと繊細な感じをイメージしていたのですが、実際目で見る景色は、自然のダイナミックさが感じられてとても圧巻でした。とっても寒いので、防寒対策は必須です!一見の価値は絶対あると思います。自然豊かなスポットです。わざわざ遠方から行く価値あります。とても寒いですよ、防寒対策は万全にしていきましょう。

コカ・コーライーストジャパン蔵王工場
全世界の飲み物のコカコーラが蔵王の水だったなんて

なんと!!蔵王町の水でコカ・コーラが製造されているって知っていましたか?知らないですよね?世界中で飲まれているコカ・コーラ。蔵王工場で、缶やPETボトルの製造ラインを見学しながら、タブレットを使ったクイズや検定でコカ・コーラについて楽しく学ぶことができます。

工場見学は予約制で、月曜?金曜の1日4回あります。見学コース内は撮影禁止でしたのでちょっと残念なのですが、広い工場内は少ない作業員。しかしびっくりするほどでしたすごいスピードで流れて行くラインは見ものですコカコーラのロゴが輝いています。中に入ると、コカコーラカラーのアメ車があります。ちなみに爽健美茶の茶がらは蔵王牛のえさとして利用されています。

蔵王エコーライン
シーズンことの楽しみが違うので年4回は訪れたい

昭和37年に開通だそうです。宮城県と山形県を結ぶ山岳道路。宮城側からは火山岩むき出しの蔵王の男性的な姿を見られるほか、『雪の壁』、蔵王特有の高山植物とその花々、「ブナ」や「ナラ」等の樹木からなる新緑や紅葉等、シーズンごとの楽しみも味わうことができます。

毎年1回は行ってます。火山活動が活発になると入れなくなるときもありましたが、春の新緑、夏には涼しさを求めて、秋には紅葉を。ここの景色がとても好きです。知り合いが来ると案内したい場所ですよね。良い場所です。オールシーズン違う顔を見せてくれる自然の中の道路。いつでも行きたいし、気軽に行ける場所です。お気に入りです。

蔵王町PR

仙台から車で1時間。蔵王連峰の裾野に広がる蔵王町は、神秘的な雰囲気を醸し出す「御釜」をはじめ、四季折々の豊かな自然がいっぱいです。 雪壁→新緑→紅葉と四季折々の景色が楽しめ、展望スポットからは雄大な景色を望めます。

天童市

天童市のいいところ
天童温泉
素敵な温泉街で、様々な温泉をぶらりと楽しむ。

駅を出て道路をまっすぐ行けば着く、というとても駅から近い場所にあります。様々な温泉宿があり、自分好みの宿を見つけることができるのも楽しみ方のひとつです。足湯もあるので、観光ついでに立ち寄って楽しむこともできます。

さらりとした湯質で、ゆったりすることができます。お気に入りの温泉宿を探す楽しみ方や、新しいところを開拓する楽しみ方、旅行なら一目惚れで選んでみたりと、温泉ひとつで多くの楽しみ方ができるのは、天童温泉ならでは。

舞鶴山
景色がよく、大きなイベントも開催され話題となる山です。

天童市の市街地すぐそばにある山で、市内を一望することのできる展望台があります。毎年春の桜の季節に「人間将棋」というイベントが開催され、たくさんの観光客で賑わいます。プロ同士の白熱した試合をぜひ一度楽しんでみてください。

舞鶴山の展望台から見る春の桜は絶景で、ひとことでは表せません。また、一大イベントでもある「人間将棋」は、迫力と、伝統を強く感じることができます。桜と「人間将棋」が行われる春に訪れることをおすすめします。

山寺
松尾芭蕉も愛し、詩を残した歴史に残る場所

あの松尾芭蕉も俳句を読んだと言われる名所「山寺」は、とにかく石段が長いことで有名です。大仏殿のある奥の院までの石段はなんと800段を超えるといわれています。登らなければ味わえない感動が、そこにはあります。

800段を超える石段を登った先には、一望できる展望スペース、立石寺や松尾芭蕉が俳句を読んだ「せみ塚」もあります。石段を登った先にある感動を味わった後、軽い足取りで下ったら味の染みた山形名物「玉こんにゃく」を食べることをおすすめします。

若松寺
出雲に匹敵する縁結びのお寺。カップルでぜひ

天童温泉の縁結びで有名な若松寺。「西の出雲大社」、「東の若松観音」としてとても有名です。月に1回行われる縁結びの祈願祭には、県外からの多くの参拝客があつまります。ぜひカップルで訪れたい場所でもあります。

祈願料は千円ととてもお手軽で、魅力的です。縁結びとして有名なこの若松寺ですが、見どころも多くあり、国指定重要文化財と指定されている若松寺観音堂や、天童市指定文化財である木造狛犬はとてもユニークで、インパクトがあります。

天童公園スキー場
夏と冬、ふたつの顔を楽しむことができます。

山をずっと車で登った場所にあり、なだらかな丘状になっています。夏場は草原が広がり、ペットやお子様連れで来ると広々と楽しむことができるので、ファミリーやペット連れにはおすすめです。冬にはスキー場として使用されています。

夏場は涼しく、見晴らしがいいので、のんびり過ごすには最適です。冬場は初心者から中級者向けのスキー場で、駐車場もゲレンデに隣接しているため、すぐにすべることができます。1年に二度きて楽しみたい場所です。

天童市PR

自然にあふれた天童市の中には、松尾芭蕉の歴史や、国指定重要文化財として登録されるお堂など、様々あります。ぜひいらしてみてください。

新庄市

新庄市のいいところ
夏は新庄まつりが熱い!
町中がお囃子の音色と掛け声につつまれています。

毎年:8月24日25日26日に開催される新庄まつりは、1756年(宝暦6年)から続く伝統ある祭りです。重要無形民俗文化財にも指定されています。電飾によりライトアップされ、色鮮やかに飾り付けられた山車はとても美しいです。

新庄祭り2日目は全若連の山車がおのおの山車小屋を出発し、最上公園前に集合します。美しい山車が揃うようすはあ迫力も満点。また、街中は歩行者天国となり、毎年たくさんの出店が人々でにぎわいます。お祭り気分を楽しめます。

春はカド焼き祭りでお花見!
桜満開の最上公園で、お酒を飲みながらカド焼きを頬張れること!

カドとは、「鰊(ニシン)」のこと。新庄は、豪雪地帯ため、冬期間は鮮魚の入手が困難でした。そのため雪解けと共に入荷するカドを焼いて酒を酌み交わし、春の到来を喜びました。今日では、新庄の春の風物詩になっています。

お酒やおだんご、カド焼きだけでなく、他にもたくさんの出店が出ます。また、カド美食大会、ゲストによる歌謡ショーなど、その年によってさまざまなステージショーも催され、見どころ満載です。ゴールデンウィークの風物詩です。

冬は雪祭りで雪国を堪能!
雪国ならではのイベント。巨大な雪像展示は写真映えもします。

毎年2月の第2土曜日と日曜日に開催されます。巨大雪像展示や、雪上運動会、スノーボールバトル、御祭燈をはじめに、アイスキャンドルやキャラクターショーなどなど…大変盛りだくさんのプログラムでにぎわいます。

新庄もがみの食を一同に集めた「新庄食楽(くら)市場」も同時開催されており、おいしいものをたくさん発見、食べることができます。夜はさまざまな色のライトで美しくライトアップされ、幻想的な景色を見ることができます。

「とりもつラーメン」がうまい!
他の地域ではあまり見かけないとりもつラーメン。

あっさりめの醤油スープと、よく煮込んだ「とりもつ」との絶妙なバランスがくせになる、新庄の名物ラーメンです。新庄市内の多くのラーメン屋さんで食べることができます!! 新庄市民には、もうお馴染みの味です。

とりもつラーメンが食べられる一茶庵分店、一茶庵支店、梅屋、一心亭、急行食堂、末広、はるこ屋では、とりもつラーメンだけでなく、ほかのラーメンやメニューもとってもおいしいです。新庄市のほか、最上町金山町真室川町でも提供しているところがあるようです。

初夏はあじさいがきれい!
初夏を彩るアジサイがとても美しい。街のあちこちで見られます。

新庄市の花でもあるアジサイ。順応性に富み、たくましい生命力を持つアジサイは、雪国新庄人の気質を象徴しています。毎年7月には東山公園であじさいまつりが開催され、美しいあじさいを見にきたたくさんの人々でにぎわいます。

新庄囃子の演奏で幕を明け、開会セレモニーのあと、子どもたちのお遊戯発表があります。会場では、お茶会やコンサート、写真撮影会や、踊り、カラオケなど多彩な催しが行われ、子どもから大人まで、多くの方々に楽しめます。

新庄市PR

季節の行事はそれぞれ美しく、見どころがあります。また、食べ物がおいしく、おまつりの出店などでも楽しむことができます。

山形のおいしいもの

山形のおいしいお米

「つや姫」という名前の通り、炊き上がりはつやつやです。炊き立てが美味しいのは言うまでもありませが、冷めても美味しいのが特徴です。なので、例えば、朝にお弁当にごはんを詰めてお昼に食べるときや、おにぎりを作っておいて後で食べるときなども、冷めてもつやつやで硬くなりません。お米の甘味をしっかり感じることがき、とても美味しいおにぎりが食べられます。なにも味をつけずに、そのまま白米として味わうのがおすすめです。

「粒の大きさ」「白い輝き」「旨さ」「香り」「粘り」が最高級!!ごはんそのものだけでも美味しくいただけます。どんな料理にもあい、うまく他の食べ物と同調して美味しさを出します。山形県のお米は小さい時から食べていることもあり、子供から大人までが好きになる味、食感です。他のお米にはくせがありますが、このお米にはクセがなくお米があまり好きでないという知り合いも美味しく、何杯も食べられてます。価格も高くありません!

山形のおいしいさくらんぼ

アメリカンチェリーや、安いさくらんぼは果肉が小さかったり、苦かったり硬かったりしますが、佐藤錦はそんなことが全くありません。佐藤錦は果肉が大きくジューシーで、苦味もなく甘酸っぱくてひとつ食べ始めると止まりません。さくらんぼは保存期間の短さが弱点だと思いますが、その弱点を克服できるような食べ方があります。Twitterでも話題になった、カルピスに入れて凍らせて食べる、という方法です。この方法で食べると、カルピスの爽やかな風味と、さくらんぼの水分が凍ったことによるシャリシャリ感が暑くなり始めた初夏の日には最高です。

山形のおいしいぶどう

秋は食欲の秋って良く言われますよね?焼き栗や焼き芋や秋刀魚が目立ちますが果物も秋が旬の物が沢山あります!その中でシャインマスカットと言う葡萄がありましてですね、これが皮ごと食べられて種がないそのまま食べられる果物なんですよ!ぶどうと言うと皮を剥かないと食べられないと考えている方が多いのですがマスカット系は大体皮が食べられます。そしてシャインマスカットは皮が硬いので食感がパリパリして食べていて楽しいのです!ちょっとしたプレゼントにもオススメのシャインマスカットは秋しか食べられませんので絶対オススメです!

山形のおいしいラフランス

バラードはラ・フランスとバートレット(洋ナシ)を掛け合わせて作られたもので、ほかのラ・フランスよりも大きいのが特徴的だと思います。大きくて食べごたえもあり、とてもみずみずしくてジューシーです。ラ・フランスは元々甘みの強い果物ですがバラードはさらに甘みが強く、口に入れたとたんにふわっと甘い風味が広がっていきます。山形で作られ、全国的にはまだまだ知名度も低いようですが果物の王国と言われている山形だけに、そのおいしさは口コミで広がっているようです。、

買ってから食べるまで間を置いて好みの味で食べられます。早めだと固くて余り甘くないですが日にちが経つごとに柔らかくなりだんだん甘くなります。1番美味しいのは腐る寸前!と言うところが魅力でこれまた難しいところです。一歩遅れると腐ってしまってすこーし早いと明日でもよかったなぁ…と。硬めのときはパンに乗せて砂糖をかけてトーストにするととても美味しく、1番熟れてる時は手でほっと持たないと壊れてしまう柔らかさ、お口に入れたら噛まずにトロトロです。1つの果物で自分好みの食べ方はもちろん時期まで決められ尚且つ熟れ熟れを待ってるドキドキもたまらない!とっても美味しいです!

山形のおいしい枝豆

枝豆の一種のだだちゃ豆。これを一度食べるととまりません。豆ひとつひとつがぷりぷりではじけるような弾力がありそれを歯でかみくだいたときに、口のなかにだだちゃの豆独特のあまい味と、豆をゆでるときにたくさんつかう塩のしょっぱい味がまざって、コクのある味になります。ひとつひとつが小さいので、いくつでもたべられます。収穫時期は短いのですが、ゆでた後は冷凍でき保存できます。なので、こどもたちのお弁当に冷凍したまま入れておけば、食べるころには解凍されているので便利です。

山形のおいしい梨

秋の味覚でもあり、1年の中で楽しみな季節です。甘くて、あのシャリシャリした食感って他にはありませんよね。山形県産の東根市は、梨に問わず果物が豊富で、有名なのが、サクランボやラフランスです。立地の条件がとてもよく、果物栽培にはとても適しているとされています。そんな山形県の東根市ですが、何を食べても美味しいのですが、梨は、ごくわずかしか生産されておらず、隣の県に住んでるのですが、スーパーで見つけるのは幻級です。来年の秋にもまた、あのおいしい梨に出会えるといいのですが。