トップ > 茨城県

茨城県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!茨城県のおいしいもの

茨城県のおいしいケーキ

ファームクーヘンフカサク の 苺ばうむ

ここがおいしい!

いちご農場直営のバームクーヘン店です。毎年いちご狩りに行った帰りに購入しています。ほんのりピンク色で見た目も可愛いバームクーヘンです。バームクーヘンがあまり好きではない私でもワンホール食べれそうな美味しさです。(chiian2u)

お店の場所

茨城県鉾田市台濁沢371-2

茨城県のおいしい漬物

新六 の 奈良漬け

ここがおいしい!

地元で140年以上に渡り今も愛される奈良漬です。酒粕の芳醇な香りにこざっぱりとした食感、クセになります。新六の漬物だけでご飯がすすみます。茄子と生姜が特に好きです。木箱入りや樽入りのものは贈答用として間違いなく喜ばれるので鉄板です。新六本店の建物がまた歴史と趣があってとても素敵です。(とりでもん)

お店の場所

茨城県取手市取手2-13-36

茨城県のおいしいどんぶり

東光庵 の 海鮮丼

ここがおいしい!

那珂湊で海鮮丼を食べたいと思ったらぜひ東光庵で食べて欲しいです。新鮮な海鮮がどんぶりから溢れるほどのっています。本当に美味しいです。(あちゃ)

お店の場所

茨城県ひたちなか市湊本町19-8

茨城県のおいしいどんぶり

悠久 の まぐろどん

ここがおいしい!

海が間近のお店ならでは!つやつやとみずみずしい新鮮なマグロが乗ったどんぶり“まぐろどん”がおすすめです。桶の中にはびっしりと厚めに切られた大ぶりのマグロ。口に入れると一瞬でとろっととろけちゃいます。ほんのりと温かい酢飯との相性も抜群です。赤身、中トロ、中落ちと、いろんな部位が一度に楽しめるのも嬉しい一杯です。(わんわんちゃん)

お店の場所

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町173-2

茨城県のおいしい和菓子

左伝のあられ の 抹茶あられ

ここがおいしい!

100%もち米で作られる何種類ものあられは、口に含んだときの上品な醤油の香が楽しめ、特に抹茶味は絶品です。(ay45mm)

お店の場所

茨城県水戸市梅香1丁目2-57

茨城県のおいしい和菓子

都炉美煎本舗 の かりんとう饅頭

ここがおいしい!

まわりは、かりんとうのサクサク感があり、中にはあんこが入っていて、カリカリであまり和菓子好きにはたまらないお菓子。(ミニー)

お店の場所

茨城県那珂市竹之内2丁目2-1

茨城県のおいしい焼肉

あみ焼元祖しちりん の おすすめ焼肉3種盛り

ここがおいしい!

本格的なしちりんと炭でお肉を自分で焼くので余計な脂等も落ちてヘルシーで美味しいし、タレもタレか塩を選べてタレの種類も甘ダレや辛口等有るので良いです。(PANDAちゃん)

お店の場所

茨城県取手市藤代町1丁目7ー1

茨城県のおいしい創作料理

とんかつみすず の 納豆とんかつ

ここがおいしい!

茨城県といえば納豆!その名産品の納豆がたっぷり挟まれているとんかつが味わえます。豚の甘さと納豆のねばねばがマッチして止まらないおいしさが味わえます!(とみち)

お店の場所

茨城県小美玉市小川643-3



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



茨城県の紹介

茨城県の雰囲気の好きなところは、朝は自然の香りが漂い、昼はまちの活動感溢れる街並みを、拝見でき夜は静か且つ、穏やかで楽しげのある雰囲気のあるところです。他では味わえないような安心感、活気溢れる楽しい空気は本当に最高です。

茨城県の自然

茨城県の自然は、とても空気がよく田んぼも豊富で田畑から採れる野菜や果物はとても美味しいです。大子町の茶畑や鉾田市の農園、有名ではありますが袋田の滝など素晴らしい自然が沢山あります。大洗市にあるビーチもとても綺麗で大好きですね。

茨城県のおすすめスポット

僕は好きな場所はもちろん地元の神栖市です。居酒屋もたくさんあり、料理も美味しいです。特に好きなお店は焼き鳥屋さんの「鳥富」というお店ですです。店内も綺麗で料理もすごく美味しくて個人的にかなりいいと思います。他にも水戸や土浦、沢山のお店があるところもずっといても飽きずにたのしめます。

茨城県の人

茨城県の県民の皆様のいいところは、皆優しく丁寧に接してくれるところです。例えば何か物を無くしたり、落としたりしたときに全然知らない人なのに気軽に声を掛けてくださり一緒に探してくれたり、素晴らしいひとが沢山いることです。

茨城県のお祭りイベント

茨城県と言えばまず、土浦の花火大会ではないでしょうか。日本でも指で数えられるほどの迫力と綺麗さで毎年感動させていただいております。なつは特に花火がおおく、神栖市や鹿島市でもとても綺麗な花火大会が毎年繰り広げられています。

牛久市

牛久市のいいところ
牛久大仏
牛久が有名になれるなら大仏のおかげ。いろんな人が知っている。

牛久市にある巨大な大仏さま。ブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120mあります。立像の高さは世界で3番目だが、ブロンズ立像としては世界最大らしいです。観光客がとても多く、牛久の観光スポットになっています。

宗教的な施設の大仏さまというよりも、一種のアミューズメントとして楽しめます。体内に入ったり、その中が展望台になっていたり、色々と既存の大仏のイメージをくつがえしてくれるから面白く体験することができます。

牛久シャトー
牛久からはなかなかイメージできませんが、実はワインが名産

国の指定重要文化財になっている日本で最初の本格的ワイン醸造場のシャトーカミヤです。昔はぶどうも栽培していましたが、残念ながら近年は大部分がなくなり、ごくわずかに生産しているにすぎないようです。それでもシャトーの建物は圧巻なので見学だけでも価値があります。

実業家「神谷傳兵衛」が牛久市に建設したとされています。昔は葡萄栽培から醸造・瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして有名。 現在は、神谷傳兵衛の足跡を展示した「神谷傳兵衛記念館」として現存しています。ワインや地ビールを楽しめるレストランなどもあります。

あみプレミアム・アウトレット
最近建設された若者向けの牛久唯一の娯楽施設。

最近の観光スポットといえばあみプレミアム・アウトレットモールです。特に若い世代の牛久近辺に住む人は休日になると足繁く通う人が多いようです。国内外の著名ブランド約150店舗が勢揃いしているようです。また食事も充実しています。

あみプレミアムアウトレットは、アメリカ西海岸をイメージしたアウトレットモールだそうですです。アウトレットなので値段もとてもリーズナブルで良いです。また、圏央道阿見東インターチェンジに直結なのでアクセス抜群です。

牛久愛和病院
地域にあるとないとでは住みやすさが全然違う総合病院。

牛久にある大きな総合病院。牛久に住んでいる人はたいてい一回はお世話になっているだろう地域からの信頼も厚い病院です。噂では、病院施設内に緊急ヘリポートが有りどんな救急にも出動対応出来、その為芸能人関係が入院・人間ドッグなどが多いとのこと

内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科などそのほかにも多くの診察が可能であるから、とても頼りにしています。先生もたくさんいるし、駐車場も広いので無駄な時間を使わずにすむのでそこも高評価です。

牛久沼
かっぱ伝説がある牛久沼。牛久住民に馴染みが深いスポット。

牛久沼と呼ばれていますが、実は全域が龍ケ崎市の区域内であるとのこと。この牛久沼は、県龍ケ崎市にある、一級河川利根川水系の小貝川支流に含まれる沼のことで、地元の人や観光客にはブラックバス釣りなどでも有名のようです。

じつは、茨城観光百選にも選ばれている牛久沼です。風光明媚な景色が広がっており、筑波山を望む穏やかな水面は四季折々の表情を映しだし、また、アウトドアとしても釣りなどで活発なことからで観光客にとても人気があります。

牛久市PR

愛和病院のような市内に大きな総合病院があったりしてとても住みやすい地域としての牛久市。それ以上に、牛久大仏や、最近では、あみプレミアムアウトレットもできて観光スポットとしても非常に面白くなりつつあるので注目です。

大洗町

大洗町のいいところ
アクアワールド大洗
大人も子供も一緒に楽しめる、海のテーマパーク

大洗町にある水族館です。太平洋が目の前に広がっており、ロケーションも最高です。アクアワールドの特徴は、サメの展示が日本一!サメ専用の水槽があり、迫力満点です。また、年間を通して「夜の水族館」「こどもの日無料イベント」など沢山のイベントを行っており、何度行っても飽きません。

サメの展示数が日本一。イルカショーも年々パワーアップしてとても楽しいです。夜の水族館見学を実施しているときもあり、大人も子供も楽しめます。ファミリー向けのレジャーとして、カップルのデートコースの一つとして、本当にお勧めです。

大洗サンビーチ、大洗海岸
はるかに続く水平線を見て「地球は丸い」と実感できる

大洗町は町の多くが太平洋に面しており、太平洋の広大さが楽しめます。海辺に立つと「ああ、地球は丸いんだなぁ」とはるかに続く水平線をみて感じます。究極の癒しスポットというか、日常生活の小さなことを忘れられそうです。

大洗町は太平洋に面しており、特に海岸線は圧巻です。大洗サンビーチは、広い砂浜からはるかに続く水平線を眺め、巨大なフェリー見学を楽しめます。また、大洗海岸は太平洋のダイナミックな波を楽しめます。サーフィンにもお勧めです。

大洗磯崎神社
漁師さんだけでなく、地元の人にも信仰されている海の守り神様。

大洗磯崎神社は、海の守り神様として地元の人たちに信仰されています。高台に鎮座しており、太平洋を眺めている形になっています。神社の入り口にある大鳥居は、東日本大震災でも倒壊することなく大洗町を見守っています。

街を見守るように少し高台にあり、神社に一番近い鳥居からは太平洋を一望できます。また、最近ではその鳥居から上がってくる朝日を拝めば、海からのパワーを得られると噂のパワースポットとして、密かなブームになっています。

「かあちゃんの店」「かき小屋」
お財布にも優しく、お腹も満たされ大満足!

太平洋に面しているところなので、新鮮な海産物が安く食べられます。沢山のお店があり、新鮮な刺身定食や煮魚定食なども食べることが出来ます。また、海鮮問屋も多く、作り立ての干物も街を歩きながら食べることも出来ます。

沢山の美味しい店があります。新鮮なお刺身だけではなく、最近は「かき小屋」(海鮮バーベキュー)や「かあちゃんの店」(漁協のおばちゃんたちがやっているお店)もあり、とても安くて美味しいと評判です。かあちゃんの店の「煮魚定食」は絶品です!近くには、お土産を購入するのに最適な「めんたいパーク」もあります。

大洗マリンタワー
大洗の町のシンボルタワー。展望室の入場料もとても良心的。

大洗町のシンボルタワーとして、海を眺めるように立っています。地上60mに展望室があり、360度の眺めを楽しめます。太平洋だけではなく広大な関東平野も一望出来て、天気の良い日は最高です。1回のエントランスホールは入場無料です。

地上60mからの眺めは最高。太平洋を一望できるだけでなく、裏を見れば広大な関東平野。展望室は大人300円という破格の安さ。また、1回のエントランスホールは観光情報盛りだくさん。お土産も買うことが出来ます。月に2回、マリンタワー前広場では、フリーマーケットも開催しています。

大洗町PR

何といっても、目の前に広がる太平洋。はるかに続いている水平線を眺めるには、最適です。新鮮な海鮮もお腹いっぱい食べることが出来、温かい街の人にも癒される「隠れたパワースポット」大洗に、ぜひみなさんお越しください!

ひたちなか市

ひたちなか市のいいところ
国営ひたち海浜公園
海と花と緑にあふれた、多くの方が楽しめる公園

海と緑と花の、みんなが楽しめる公園になっています。公園総面積は約350ha。東京ディズニーランドの約5倍の面積という公園。実際に公園として利用されているのは全体の約半分で、これからますます発展していく公園です。

広大な公園には、季節ごとに花があふれています。春はネモフィラとチューリップ、夏はひまわり、秋はコキアとコスモス、冬は水仙。敷地内には大草原と季節の花々があり、一日楽しめます。レンタサイクルもあり、太平洋を眺めに自転車で公園内をサイクリングすることも出来ます。

ジョイフル本田ニューポートひたちなか店
お家の色々何でも揃う圧巻の品ぞろえ。専門業者さんにも大好評。

巨大ホームセンター。ここで買い物をすれば、家が一軒建ってしまうくらいの品ぞろえ。専門業者もトラックで買い付けに来るほど本格的で、DIYが趣味のお父さんだけでなく、ガーデンセンターには花や野菜の苗もたくさんあり、ガーデニングが趣味のお母さんにも喜ばれています。

1日いても飽きない巨大ホームセンター。品ぞろえが豊富で、ここで買い物をすれば家が一軒建つといわれるほど。専門業者も足しげく通い、資材関係だけでなく、家庭生活に必要なありとあらゆるものを、安く購入することが出来るお店です。

ひたち海浜鉄道
忘れられた古き良き日本の風景を感じることが出来る鉄道

民間で経営している鉄道。街中から海へのアクセスも1本で済む利便性があります。各駅舎や線路沿いは、レトロな雰囲気で、多くの映画撮影にも使用されています。田舎を走る雰囲気は「撮り鉄」にも人気があり、休日には多くの人たちで線路沿いがにぎわうこともあります。

JR勝田駅出発し走っている、民間経営の鉄道。過去に何度も廃線の危機に瀕しながらも、何度も立ち上がる根性のある鉄道です。線路沿いや駅舎はレトロな雰囲気があり、数多くの映画やCM撮影にも使用されています。

平磯~磯崎海岸
古代白亜紀終末期からの地層が広がるジオパーク

今から役7500万年前の白亜紀終末期からの地層が広がる海岸。この地層からはアンモナイトの化石も発見されており、最近ではこの地層から翼竜の肩甲骨も発見され、ヒタチナカリュウと命名されており、まだまだ不思議なことが発見できそうです。

古代白亜紀終末期からの地層が広がっており、県指定の天然記念物に指定されています。最近も翼竜の肩甲骨が発見されるなど、まだまだ新たな発見がありそうなジオパーク。春から夏には、たくさんの海の生き物に触れ合うことが出来る磯遊びの宝庫です。

常陸那珂港
発展していく予感がする近未来を覗くことが出来る工業港

工業の海洋運航を目的とした、新しい工業港「常陸那珂港」。ひたちなか市でも多くの工場を擁する「日立製作所」だけでなく、重機で有名な「Komatsu」も大きく拠点を構え、ますます発展していくと思われます。

工業を中心とした港で、普段は一般の人は周囲から見ることしかできませんが、それでも近未来の日本を垣間見ることが出来ます。特に、重機で有名なKomatsuでは、年に何度か工場見学も行っており、一般の方も入場でき、普段では乗ることのできない大きな重機を操作することも出来、男の子に好評です。

干しいも
生産量日本一の日本一おいしい干しいも

ひたちなか市のいいところはたくさんありますが、一押しの食べ物は「干しいも」です。別名を「乾燥イモ」といいます。ひたちなかの干しいもは、特に甘みが強く、絶品です。市内でも海沿いの地区にはサツマイモ畑が広がり、手作りで作られています。

イモの種類も「ベニアズマ」以外にも色々なものを使っています。一般的な干しいもは、大きなお芋を縦に薄くスライスしたものですが、ひたちなか市の干しいもには「棒いも」という、スライスしていないタイプのものがあります。これは、通常のものほど乾燥させず、柔らかくなっています。こういったものが手に入るのも、地元ならではです。

ひたちなか海浜公園
とても広い国設の公園。夏にはフェスも。

公営の公園ですが、とてもきれいに整備されています。四季折々の花が咲いていて、特に春のネモフィラの丘は見応えありです。公園の中には遊園地があり、観覧車やミニジェットコースターなどの遊具があります。広すぎるのでレンタサイクルを借りるのがお勧めです。

夏には、ロッキンジャパンフェスという音楽フェスティバルが開催されます。4日間にわたって何十万という音楽ファンが訪れます。ひたちなかから東京などの学校に進学している人たちも、この日に集まって同窓会をするなんて人も多いです。近くにはショッピングモールがあり、とても栄えています。

ひたちなか市PR

花と緑と海、そして近未来を垣間見ることの出来るひたちなか市。夏はひたち海浜公園で「Rock in Japan」も開催されます。ひたちなかおさかな市場では、新鮮なお寿司やお刺身を食べることも出来、お土産もたくさんあります。これからますます発展していくひたちなか市に、みなさんぜひおいでください!

阿見町

阿見町のいいところ
阿見プレミアムアウトレット
とにかく誰でも買い物や食べ物を楽しめる場所

年齢問わずに人気のプレミアムアウトレットです。店舗数もアウトレットにしては多く、買い物するには十分すぎるくらいの大きさです。小さな子供がいても、ベビールームが充実しているので、安心して買い物もできます。

阿見のアウトレットは駐車場も広く、駅からアウトレット行のバスも出ていて、しかも高速もすぐそばなので、車でも電車でも訪れやすいです。飲食店はもちろんですが、ショップも幅広くあるので、誰でも楽しむことができると思います。

茨城県最大の広さがあるアウトレットモール

茨城県の広大な土地に作られたアウトレットモールでとにかく広く、様々な店が入っています。阿見町で良いブランド物を買ったり、デートをするときには必ずと言っていいほどに利用される場所です。さらには、店員さんも都会の人とは違って田舎町ならではの親しみがあります。行ったことがない人は一度は来て見て下さい。とてもいいところです。

阿見アウトレットを囲む回りの環境もとてもいいところです。まず、何よりも空気がキレイであり、車をほんの数分走らせれば、自然豊かなエリアに出ます。これが都会にはない魅力だと感じています。アウトレットで買い物を楽しんだあとに、そういった自然環境でゆっくりも出来ます。

雪印メグミルク㈱阿見工場
自分が口にしている物を実際に見て感じられる

誰もが知っている雪印の工場です。雪印メグミルク㈱阿見工場では、マーガリンやチーズについて学ぶことが出来ます。映像や実際に工場の見学をすることもできるので、夏休みの自由研究等にもおすすめの場所になります。

平成26年に出来たばかりの、まだ新しい雪印の工場なので、とてもキレイです。見学コースもあり、見るだけでなく試食をすることもできます。チーズやマーガリンについて、しっかり学ぶことが出来るので、学校の校外学習等にもおすすめです。

予科練平和記念館
海軍や予科練について、平和や命についての貴重な記念館

予科練平和記念館には、当時の貴重な予科練の歴史や町の戦史等といった記録を保存展示してあり、命の尊さや平和の大切さを伝えています。戦争について知りたい方や気になる方は是非足を運んでみてほしい場所です。

大正時代からの貴重な記録がしっかりと展示されている場所です。戦争経験者が少なくなっている今、戦争や命、平和について学び、そして見つめ直すには非常に良い場所だと思います。茨城県にとっても、かなり貴重な記念館です。

のらっくす農園
口にする野菜のでき方について、しっかり学べる場所

誰でも農場体験ができる場所です。自分達が口にしている野菜等がどのようにして出来て、どのように収穫されるのか、実際に体験できるので、そういったことを知らない小さなお子さんには特におすすめの農園になります。

サツマイモの苗植えから草取り、収穫までの継続体験もできます、また、季節に応じた作物の収穫体験など、さまざまなプランがあるので、自身が体験したい季節を選んで訪れるのも良いかもしれません。他にはヤギの搾乳もすることが出来ます。

ブルーベリーみやもと
みずみずしくて美味しいブルーベリー狩りが楽しめます。

普段あまり見かけないブルーベリー狩りですが、ここではブルーベリー狩りが500円で体験出来てしまいます。しかもここでは時間制限もないので、ゆっくりと新鮮でみずみずしいブルーベリーを楽しむことが出来ます。

新鮮なブルーベリーがリーズナブルな価格で、しかも時間制限なしで楽しめちゃうのが非常におすすめです。小さなお子様だと食べるのにも、行動するのにも時間がかかってしまいますが、ここは時間制限がないので、そういった心配もありません。

阿見町PR

阿見町には戦争の記録等の悲しい場所もありますが、ゆっくりのんびりできる場所もたくさんあります。1日だけでは満喫できないですよ!

土浦市

土浦市のいいところ
土浦全国花火競技大会
審査待ち時間にも審査とは別の花火があがるので飽きません。

全国の花火師さんが集まって、花火の種類部門毎にその腕を競う花火競技大会。秋に行われるので、夏の暑い時期をずらして涼しいなか見ることが出来ます。高い建物もなく、開けた空に大きく打ち上げられる花火は一見の価値有り!

日本三大花火のひとつといわれている土浦全国花火競技大会!都心からでも臨時急行が止まるし、高速ICも近くです。そよそよと凪ぐ風を受けながら、ビールを片手に見る花火は格別。桟敷席が残念ながら取れなかった場合はラジオを一緒に聞くとなおいいですよ。

霞ヶ浦
ヨットや水上オートバイがある湖を見ると開放感を味わえます。

琵琶湖に次いで、湖面積が国内で第二位の霞ヶ浦。その大きさは茨城県の約1/3の面積を占めているほど。漁業も盛んで、レジャーで釣り目的に来る人もいます。観光ではヨット、水上オートバイのほかに遊覧船があり、水陸両用バスで陸から湖にドボンという体験も出来ます。

湖にバスごと飛び込む体験ができる水陸両用バスでは、土浦市街の観光案内もついていてとってもお得。ヨットや水上オートバイは非日常を味わうことが出来ます。湖の近くに温泉もあり家族それぞれの趣味を楽しめて嬉しい。

土浦桜まつり
川沿いの桜を見た後は公園へ。青空に映える桜がとても綺麗です。

土浦の各所にある桜の名所でお花見が楽しめます!駅から徒歩圏にある亀城公園や、沼を囲んだ桜が綺麗な乙戸沼公園、桜川や新川沿いに咲く桜を散策しながら楽しめる桜川提に新川提と市内でもお花見スポットはたくさんあって目移りしちゃうかも。

ただ桜を見るだけではなくて、イベントがあるのも特徴です。音楽やダンスなどのイベントの他、船でお花見を楽しめる桜川お花見船も。バスで花見スポットを巡るまちなか桜巡りバスなんていうのもあります。和太鼓演奏と桜は相性がとても良いです。

土浦城跡周辺にある古い町並み
旧制土浦中学校本館は洋風木造の洒落た建築でお気に入りです。

室町時代に築かれた土浦城、本丸と二の丸の一部を整備した亀城公園(土浦城址)は市民の憩いの場。県指定文化財を残す公園を起点にした周辺には、土浦市立博物館や土浦まちかど蔵「大徳」などがあり、古い町並みを楽しむことが出来ます。

日常の町並みから一歩入ると城下町の雰囲気を味わえます。桜の時期に来るとお城の建築物と桜が調和して特別な気分になれてオススメ。江戸後期に建てられた蔵も当時の呉服商家の様子が伺えて、土浦で意外な発見が出来ます。

霞ヶ浦総合公園
季節によって色んな楽しみ方が出来ます。夏にはBBQも!

温泉施設や植物園も併設する霞ヶ浦総合公園。芝生が広がる広場に大型遊具がある他、体育館やテニスコートに野球場、夏季には水郷プールも楽しめます。春には様々な種類の蓮の花が見れ、冬にはイルミネーションが施されて綺麗です。

湖の近くに風車が建っており、開けた空間になっている広場から見る風景はとても気持ちがいいです。ジョギングコースも整備されており、近所の人が走る姿ものどか。蓮の花はとても綺麗なので一見の価値有り。公園の池には鯉もいて、水路に道がありそこでも蓮を楽しむことが出来ます。

水郷公園
描けて遊べて歴史も知れる大きな公園

この公園は小さい子からお年寄りまで沢山の人が訪れる公園です!散歩をしている人、絵書いている人、休日にはバーベキューを楽しむ人たちも!緑も多く鯉もいるので小学生の夏休みの絵画コンクールのモデルになる事もおおいです。親子三代で訪れる人なども多いここの公園は思い出にもなり次の世代にも教えられる。それはここの公園のいいところだと思います

そしてもう一つこの公園にはツェッペリン号という有名な飛行船のアスレチックがあります!アスレチックには何年にツェッペリンが来たなど歴史を学べる説明板があります。私も幼い頃これを食い入るように見ましたがわからず、漢字も読めるようになってからまた見に行きました笑遊びながらも歴史を学べるというところです。

土浦市PR

城下町の雰囲気を残す土浦市。日本第二位の面積を有する霞ヶ浦に、多数ある桜の名所。全国でも有名な花火大会と見どころがたくさんです。

特徴と魅力といいところ、実際に書くと重複していて且つ意外にトータルでの文字数が多く設定されており大変でした。

水戸市

水戸市のいいところ
やっぱり海でしょ!大洗、ひたちなかの海はとてもきれいです!

大洗、ひたちなかと、海がとてもきれいです。サーファーや家族連れ、カップルや友達などたくさんの人で賑わっています。海沿いには無料の駐車場が多数あるので移動も楽々、荷物が多くても安心です。海の水もきれいで場所によって砂浜、岩場などあります。

夏といえば海!冬でも空気が澄んでる海!今の時期だと家族連れやサーファー、カップルなどで賑わってます。何といっても海沿いに無料の駐車場が多数存在しているので荷物が多くても楽ちん!家族連れやサーファーなどに持って来いの場所です!駐車場から階段を下りれば目の前には海が広がっています。駐車場付近には屋台が出ていることもあるので楽しいですよ~!

ひたちなか海浜公園
大人から子供まで存分に楽しめる場所です!

ひたちなか市にある海浜公園です。広大な公園の中に遊園地やプール、ゴーカートなど遊ぶところが盛りだくさん!遊園地の乗り物は有料ですがフリーパスもあるのでお得です♪ 夏になると水遊びができます。滝があったり下から水が噴き出てきたり、小さなお子さんも存分に楽しめます。

遊園地、プール、フードコート、草花、春夏秋冬いつでも楽しめます。大人から子供まで楽しめて、無料で施設に入れるので、のんびりお散歩でもいいですね。季節を肌で感じることができるかと思います。この機会にぜひ足を運んでみてください。広大な土地に季節の草花が鑑賞できます。子供だけでなくお年寄りまで楽しめますよ♪

那珂湊市場
安くて美味くて新鮮!! やっぱり獲りたてが一番!!

海近くに市場があります。いろんな種類の獲れたての旬の魚がたくさん売っています。獲れたて新鮮の魚や貝などをその場で焼いていたり、おいしい食事処も多数あります! どのお店も新鮮な魚を使っているので美味しい!ほっぺが落ちるとはこの事ですね。

地元のおいしさを、ぜひ味わってみてください! リピートすること間違いなしです! 生でも焼いても炒めても、素材がいいから美味さが引き立つ! たくさん買っても配達してくれるところも魅力の一つ! おいしい魚をご自宅でも味わってください!威勢のいい元気な市場の売り子さんたちにも注目してください! 元気のいい掛け声に、こちらまで元気をもらえます。

メヒコ
何といってもフラミンゴを見ながら食事ができること!!

レストラン内にピンクのフラミンゴがたくさんいます。フラミンゴを眺めながら食事ができるんです! メニューはカニ料理が主になります。個人的に好きなのは、カニピラフ。カニがこれでもかと言うくらいたくさん入ってます。

とっても美しいピンクフラミンゴ。動物園でもなかなか見かけないんじゃないかな? そんなフラミンゴを見ながらカニ料理が楽しめます。 料理はどれもぴか一です。リーズナブルなものから少し高級なものまで料金も幅広くあるので頼みやすいです。ピンクフラミンゴを見ながら食事を楽しめるので、お子さんも飽きずに楽しめます。

大洗水族館
暑い夏こそ水族館!大人から子供まで楽しめちゃいます♪

大洗にある水族館です。施設内はとてもきれいで近くには大きな公園や科学館もあり、大人から子供まで誰でも楽しめます。もちろん駐車場完備なので安心です。暑い夏には水族館で魚たちを堪能して涼んでみてはいかがでしょうか?

大洗水族館ではイベントをしていることも多く、いついってもマンネリすることなく楽しめます。茨城の海を再現した「大洗の生物水槽」、「海藻水槽」、水量1,300tを誇る「出会いの海の大水槽」では、地元大洗の魚たちに出会うことができます。場所もわかりやすく駐車場完備、大人からお年寄りまで幅広い年齢層に適しています!

千波湖
水戸黄門像が建っている広い公園

大きな湖がありボートも乗れます。いいところは自然を感じられる公園で白鳥や黒鳥がたくさんいます。また近くには日本三大庭園でもある偕楽園があり、2月頃になると梅の花が咲き梅の香りが漂います。ゆっくりするにはよい所です。

全国各地からバスで観光に来るお客が多い為に土曜日日曜日は賑わっています。マラソンコースもあり散歩している人やマラソンしている人、ボートを漕いでる人様々です。小さなお子様の遊び場としても最高なところです。

水戸市PR

他にも茨城県にはたくさんのスポットがあります。水戸と言えば納豆。納豆もおいしいですよ! 海と山に囲まれ自然に恵まれ空気はおいしい。この機会にぜひ、茨城に足を向けてみてください。

つくばみらい市

公園
子供から大人まで楽しめる公園です

つくばみらい市のいいところは住宅地の中にいくつもの公園が点在していることです。道路も舗装されて綺麗ですので、お散歩がてらに公園を転々と散策するのも良いかと思います。特にお子さんのいる方にとっては、とても育てやすい環境だと思います。

遊具も充実しているし、公園によって特徴が違うので、日によって公園を変えてみるのもいいかもしれません。また、広い運動公園もあるので、大人の方でもジョギングをしたり、筋力トレーニングをするの最適です。子供から大人まで楽しめる公園があり、とても魅力的です。

ワープステーション江戸
あの有名大河ドラマの時代にワープ!

名前の通り、ドラマで見たあの時代にワープできる、見学可能な時代劇用屋外セット群です。あの大河ドラマやドラマで見た景色がそこにあります。観光化された江戸の街ではなく、撮影現場そのままを感じられるのがいいところです。

江戸城大手門や武家屋敷など、武士が暮らした立派な建物だけでなく、江戸の町民の雰囲気が味わえる宿場町や町屋通りも。そして、武士と町民の住む場所がきっちり分けられていた江戸時代には考えられない、武家の街並みと町民の商店が隣り合っているゾーンも!時代劇好きにはたまらない”江戸にワープ”なスポットです。

つくば市

筑波山
誰でも気軽に登山と温泉を楽しめる

つくば市にある筑波山のいいところは、誰でも気軽に来れるということです。約877mの登頂からはつくば市を見渡せる綺麗な景色を見ることができます。筑波山のふもとには温泉宿もたくさんあり、一日旅行に最適です。

筑波山を登るのはハードルが高いという人も、筑波山には頂上につながるロープウェイがあってあっという間に登頂に連れて行ってくれます。なので、ご高齢者や小さな子どもでも筑波山の山頂を楽しめます。山に登った後は温泉で一休みすると体の疲れもとれます。

筑波山神社
空気が澄んでいるのでとても清々しい

筑波山は景色が美しく晴れていれば、眼下に広がる雄大な関東平野が一望できて、空気が澄んだ冬の晴れ間には遠く、東京のスカイツリーまで見えるほどです。そんな筑波山にある筑波山神社はそのまま登山道への入り口となっていて登山への安全祈願もできて気持ち新たになれるいいところ

筑波山神社は厳かで、夏でも冬でも空気が澄んでいて、いつでも気持ちが引き締められるようです。お正月には入り口で、昔ながらのガマの口上売りがいて、古き良き日本の伝統まで感じさせてくれました。これまた日本らしく魅力的な場所です。

つくば学園都市
おしゃれできれいな街で外国人が多い

大きな公園があり、おしゃれなハンバーガーショップやカジュアルなお店がたくさんあります。学園都市のいいところは外国人が多く触れあう機会が多いです。外資系の企業が集中しており外国人は多いですが治安は非常に良いです。

つくば市は宇宙関係の機関がありロケットなども展示されてます。いつでも見学可能であり貴重な体験ができます。小さなお子様にとっては様々な刺激を受けよいところだと思います。住んでいて楽しいところです。私自身住みたい街ナンバーワンです。

北茨城市

やまみつ饅頭
店頭で出来たてあつあつのお饅頭を提供してくれる

2016年にテレビで放送されましたが、茨城県北茨城市に住んでいれば分からない人は居ないと思いますが、駅近くにある老舗のお饅頭屋さんです。ここのお饅頭屋さんのいいところ、いつ行っても出来たてあつあつのままのお饅頭を提供してくれる所です。

このやまみつ饅頭屋さんは時間で区切って作っているため、多少の待ち時間はあるかと思いますが出来たてあつあつの状態でお饅頭を食べる事ができます。待ち時間中でもお店の中に椅子があり、座って待ったり飲み物も提供してくれます。

龍ヶ崎市

チャレンジ工房どらすて
沢山の種類のコロッケが食べられれ

龍ヶ崎は第2回ご当地メシ決定戦2014でグランプリをおさめたコロッケの街です。「チャレンジ工房どらすて」では昔懐かしいコロッケから地元の名産品を使ったアイディア溢れるコロッケなどが9種類もあり豊富で美味しいコロッケを揚げたてで食べることができるのごいいところです。

「市街地活性化センターまいん」にやって来る子供たちが大人になっても懐かしい、思い出に残るようなものを食べてもらいたいという願いから、コロッケ「まいんコロッケ」が考案され、今では茨城の名産品を使った「リンゴコロッケ」や「おさつコロッケ」「ローズポークコロッケ」「かぼちゃコロッケ」「ポークコロッケ」「黒豆コロッケ」「カレーコロッケ」「やさいコロッケ」「ライスコロッケ」と他所では食べることの出来ない美味しいコロッケがあります

茨城のおいしいもの

茨城のおいしいいちご

色んないちごを食べてみましたがとちおとめが1番甘くジューシーで美味しいです。いちごで何が好き?と聞くと大抵の方はあまおうとよく言います。理由は甘いから。しかしあまおうは甘いからあまおうではなく赤くて丸くて大きくて美味いという意味であまおうと言う名前なので実際は酸っぱいです。しかしとちおとめは酸味はありたすぁそれ以上に甘味もありいちごらしい甘酸っぱい味がするのでいちごが食べたくなったらまずこれを買えば間違えないないと思います

茨城のおいしいねぎ

生でも食べられ、炒めても煮ても甘さが出て美味しく他の食材とも合わせやすく毎日欠かさずに食べています。特に茨城県産の長ネギは甘さがあっておいしいです。きざみネギは万能で、ラーメンやそばうどんなどの麺類はもちろん、汁物や肉や魚料理のソースにも使えるので欠かせません。保存期間も長く、しばらく外に置いておくこともできるので場所もとらずにすみます。また、美味しいだけではなく栄養もあり、風邪予防にも効果的なのでこれからの季節は欠かせない食材です。、

茨城のおいしいメロン

茨城県は、実はメロンの生産量が日本で一番多い都道府県である。茨城県をは多種多様なメロンの種類があり、どれもそれぞれの良さがあって非常に美味しい。中でもアンデスメロンは、メロンのみずみずしい甘さとメロン特有の酸っぱさが程よくマッチしていて、食べやすい。茨城県産の他のメロンと食べ比べてみると非常に楽しいだろう。メロンを砕いて作ったメロンのシャーベットはメロンの収穫時期である5月ごろにぴったりの一品です。

香りがとても良い。味も凄く甘い。半分に切って食べるのですが、果汁が多くて種を取ってもまだ溢れる位です。その年一番最初のものは半分に切って種だけ取ってそのまま食べます。旬が短くて一年待って食べるので美味しさは格別です。次からは真ん中のくぼみに白ワインを入れて食べても良いし、暑い日にはアイスを入れて一緒に食べるとまろやかになって美味しいですが。特にバニラアイスが美味しくて、メロンは苦味を感じて苦手と言う人でもアイスを入れて食べると食べやすいと言ってくれます。果汁を取っておいてソーダと混ぜるとメロンソーダになりますが市販のもの以上に甘くて疲れも飛びます。

茨城のおいしい小松菜

野菜と言うと結構灰汁の強い物も有る様に思いますが、小松菜は灰汁が余り無く、食べやすいです。10月の出荷量が一番多い様ですが、一年を通して全国的に作られており、手に入り易く便利な食材のように思います。味噌汁の具にしたり、和え物にも良い様ですが、私的には炒めて食べるのが一番好きです。油揚げや肉、もやしやキノコと一緒に炒めて食べます。癖が無いので、結構何とでも合うと思いますし、量も食べられます。カルシウム、ビタミンも豊富に入っていますので、健康面からみても良いですし、一石二鳥ではないかと思っています。

茨城のおいしい梨

どこでも手に入る手軽さなのに、いつ食べても幸水は美味しい。ものによって当たりハズレが少なく、どれも美味しいと思う。また、他の品種よりずっしりとしていて満腹感もあります。他の品種より水分量が多く、酸味が少ないのが特徴。酸っぱさがないのでお子様も美味しく食べれると思います。サクサクしていて、一口噛んだだけでジューシーな果汁が口の中に広がります。むくのも簡単で、日持ちもするし栄養もあります。さっぱりとしていて食後のデザートにはぴったりだと思います。