トップ > 栃木県

栃木県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!栃木県のおいしいもの

栃木県のおいしいいもフライ

いでい の いもフライ

ここがおいしい!

佐野の名物いもフライですが、特にいでいさんはモチモチしてて、オリジナルソースが美味しいです。ジャガイモもホクホクだけど崩れず絶妙です。(tomoko0408)

お店の場所

栃木県佐野市上台町2096

栃木県のおいしいお肉

肉のふきあげ の お肉

ここがおいしい!

ステーキが前日光牛と栃木産で、なかなかおいしいです。栃木インターから近いので東京方面の方も行きやすいと思います。(あみみか)

お店の場所

栃木県栃木市吹上町793

栃木県のおいしいクレープ

デイリーファーム の クレープ

ここがおいしい!

昔からやっている小さなクレープ屋さん。種類豊富で、やわらかい生地とボリューム感がたまりません。値段も安く絶対また食べたくなる美味しさです。(のんのん)

お店の場所

栃木県足利市通2-2645

栃木県のおいしいニラそば

蕎花 の ニラそば

ここがおいしい!

コシのある細めのそばに、シャキシャキとした歯ざわり良いニラが合わさり、絶妙なバランスを醸し出しています。ほどよくゆがかれたニラは緑色に輝き、見た目にも鮮やかです。ニラの独特の香りも楽しめ、スタミナ満点のおそばです!(わんわんちゃん)

お店の場所

栃木県鹿沼市茂呂399-4

栃木県のおいしいハンバーグ

はっぴぃ3 の ハンバーグ

ここがおいしい!

個人店でありながらサラダ・スープ・ドリンクがバイキング形式になっており、種類が豊富で毎回違う種類のスープが堪能出来ます。(スープの種類はタイミング次第なので、必ず違うものとは限りません)ハンバーグも沢山の種類がメニューにありますがオススメは「大魔王ハンバーグ」です。その名の通り大魔王のようなボリューム。そして一瞬生焼けと見間違うほどのレアさ。ほろほろと崩れてしまう程柔らかく、とっても肉感がありジューシーでとても美味しいです。食べた方の満足度も大魔王級です!(りょんさく)

お店の場所

栃木県宇都宮市上横田町1329-5

栃木県のおいしいポテト入り焼きそば

半田屋 の ポテト入り焼きそば

ここがおいしい!

名前の通り茹でたポテトが入った焼きそばです。ソースとポテトがよく合います!20年以上食べていますが、いつまでも飽きない定番の美味しさです。(aky)

お店の場所

栃木県足利市朝倉町403

栃木県のおいしいラーメン

ラーメン二郎 の ラーメン

ここがおいしい!

まずラーメンの上に乗ってる野菜のシャキシャキ感がとてもいいです。そして中にはいってるチャーシューは食べ応えのある大きさでとても美味しいです。(ジロニア)

お店の場所

栃木県下都賀郡壬生町本丸2-15-67

栃木県のおいしいレモン牛乳

ヨークベニマル の レモン牛乳

ここがおいしい!

これは宇都宮市内ならほとんどのスーパーやコンビニで売っている宇都宮市民にとってのソウルドリンクです。レモンと言っても酸っぱいわけではなく、どちらかと言うと甘いかき氷のシロップを牛乳で割ったようなドリンクです(チューリップ)

お店の場所

栃木県宇都宮市御幸ヶ原町50-1

栃木県のおいしい魚

魚めし屋 の 魚

ここがおいしい!

ランチだけなので常に行列、刺身・煮魚・焼魚定食です。丼もあります。お腹がみたされた後は、家族に刺身のお土産を買って帰って下さい!サーモン腹身オススメです。盛合せも作ってくれますよ。(ナンさん)

お店の場所

栃木県小山市西城南5-48-2

栃木県のおいしい高原大根おろしそば

名物そば の 高原大根おろしそば

ここがおいしい!

まず、このお店のそばは全てクロレラが練り込まれた緑色のそばです。うどんは細いのですがコシの強さが何とも言えません。本題の「高原大根おろしそば」ですが、大根のしぼり汁とつゆをあわせたつけ汁は大根の風味が豊かでよりサッパリとそばをいただけます。クロレラ入りのそばとも相性抜群です!全体的に高めの値段設定ですが、ボリュームがあり味も良く決して損はありません。(りょんさく)

お店の場所

栃木県宇都宮市上欠町866-1

栃木県のおいしい耳うどん

野村屋本店 の 耳うどん

ここがおいしい!

これぞ佐野名物!耳のような形をしたうどんが入っています。初めて見た人はこれが本当にうどんーと疑ってしまうこと間違いなし!ほどよくもっちりとして、噛み応えのあるうどんは、つるつると何個でも食べられちゃいそうなお味です。どこか懐かしい出汁もGOODです。寒い日に食べると、心がホッとしますよ。(わんわんちゃん)

お店の場所

栃木県佐野市相生町2819

栃木県のおいしい手打ちラーメン

佐野青竹手打ちラーメン 大和 の 手打ちラーメン

ここがおいしい!

これぞ佐野ラーメン!と感じる一杯です。あっさりだけど深みのある出汁が効いた澄んだスープに、手打ちのツルツルモチモチとした麺が相性抜群です。毎回並んででも食べたくなる味です!(WANWAN)

お店の場所

栃木県佐野市北茂呂町1-5

栃木県のおいしい焼きそば

石田屋焼きそば店 の 焼きそば

ここがおいしい!

特徴的なのが、お持ち帰り用は、焼きそばをビニール袋に入れて、緑色の紙で包んで輪ゴムで止めるんです。さらに、焼きそばソースが小さなボトルに入ったものが付随されていて、それを好みの量入れて味付けするんです。ソース入れなくても十分美味しいですが、濃い味好きな栃木の人は、ドバドバかけちゃいます。それが香よし味よしで、一度食べたら病みつきになりますよ。具もキャベツやハム、卵なんかの素朴なもの。全部のせもあり、そこに豚肉も入り、ボリューム満点で、若い男の人はたまらないと思います。(m.betty)

お店の場所

栃木県宇都宮市中央5丁目8-9

栃木県のおいしい焼餃子

中華料理・宇都宮餃子 めんめん の 焼餃子

ここがおいしい!

注文するとびっくり!まるで天女の羽衣のような、金色の輝きの羽根をまとった餃子が運ばれてきます。口に入れるとパリパリサクサクの心地よい音。具から溢れ出る肉汁も言うことナシの、宇都宮が誇る絶品餃子です。(わんわんちゃん)

お店の場所

栃木県宇都宮市二荒町5-11

栃木県のおいしい焼餃子

香蘭 の 焼餃子

ここがおいしい!

宇都宮が誇る餃子の名店です!パリパリの皮を噛んだ瞬間、中から肉汁がジュワッと溢れ出します。特製のラー油がこれまたGOOD。ご飯にもビールにもぴったりです。(わんわんちゃん)

お店の場所

栃木県宇都宮市本町1-24

栃木県のおいしい冷やし大根そば

手打唐沢うどん そば かさはら の 冷やし大根そば

ここがおいしい!

佐野名物大根そばの隠れた名店。そばの中に潜む細切りの大根がシャキシャキと美味い!ザルの上にカサ高くたっぷりと盛られているのに、お値段据え置きと、これまた嬉しい一品です。 ツルツルのそばと歯ざわりの良い大根の組み合わせで、暑い夏でもさっぱりと頂けちゃいます。(わんわんちゃん)

お店の場所

栃木県佐野市堀米町2206



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



栃木県の紹介

県央・県南・県北と地域によって少しずつ雰囲気は違いますが、県全体に共通するのが素朴でのんびりとした雰囲気だと思います。東京には意外と近いけれど神奈川県・埼玉県・千葉県ほどメジャーではなく、お隣の群馬県・茨城県とはライバル関係とよく言われ、関東地方の北にあってそっと関東地方を見守る田舎のおばあちゃんのような存在です。

栃木県の自然

海こそないですが、山と川に恵まれておりとても自然が豊かな県です。県北から県西には山地が多く、都心からの避暑地となっています。栃木には日本百名山が4山あり、栃木百名山というのがある程で近年の登山ブームにより登山客数も伸びています。また、豊かな川があり、米どころでもあります。渡良瀬遊水池のような貴重な野鳥の集まる自然もあります。

栃木県のおすすめスポット

世界遺産の日光は一度では観光しきれない、何度も訪れたくなる場所です。日光東照宮は、今年は御鎮座400年という年を迎えています。陽明門は現在改修中ですが、宮内には他にも沢山の見どころがあります。また、華厳の滝や中禅寺湖、戦場ヶ原と自然の見どころも沢山あります。小田代ヶ原の貴婦人と言われるシラカンバの美しい立ち姿も魅力です。

栃木県の人

主に県央・県北で使われている栃木弁はイントネーションが平板で文末が尻上がりになる為、馴染みのない方には喧嘩口調に聞こえることがあるようですが、聞けば聞くほどに暖かく感じます。「口は悪いが根は優しい」という県民性がそこに表れていると思います。恥ずかしがり屋だけれど情が深い方が多いと思います。

栃木県のお祭りイベント

いろいろなお祭りがありますが、那須烏山市の山あげ祭は特に有名です。市街地に地元の和紙を使用した仮設の舞台を作り歌舞伎を行うのですが、その一つ一つの「山」の仕掛けは美しくとても面白いです。よくできた仕掛けに何度も歓声があがります。昔からの伝統を守る姿勢にもとても感動します。

那須町

那須町のいいところ
ステンドグラス美術館と高原の雰囲気
おしゃれでかわいい、そして素敵な雰囲気が女性好みです。

那須町には、ステンドグラス美術館、テディアベア美術館などの、ユニークな美術館が多く点在しています。どの美術館の展示物も興味深いですが、加えて、ティールームやオリジナルグッズを扱うショップも充実しています。

ステンドグラス美術館が美しいこと。また、館内では、定期的にオルゴール演奏や、スタッフの分かりやすい説明もあり、これらを聴くととても癒されます。また、素敵なティールームや雑貨も販売されています。どの美術館もショップが充実しています。

ステンドグラス美術館はもとより、テディベア美術館は、お子様も楽しむことができます。館内のオリジナルショップでは、かわいい雑貨を購入することができます。

高原ならではの避暑地の雰囲気
軽井沢と並ぶ素敵でおしゃれな避暑地です。

おしゃれな避暑地の雰囲気があります。コンビニや公共施設等、茶色で統一され、おしゃれなイメージを作りだしています。山々に囲まれた景色や、立ち並ぶ別荘、コテージ、ペンションなど、観光地としてすばらしいものがあります。

山々に囲まれた雰囲気や、道沿いの緑のトンネル、夏のとうもろこし畑、立ち並ぶ別荘、コテージ、ペンションや那須の御用邸など、全体的に素敵な町であると言えます。住んでみたいと誰もが思うのではないでしょうか。

那須どうぶつ王国
ご家族で楽しめるかわいい動物がたくさんいる癒しの施設です。

お子様向け、小動物ふれあい施設ですが、大人も十分楽しむことが出来ます。うさぎや猫、犬、鳥など定番動物から、レッサーパンダ、カピバラなど、少し珍しい動物も間近で見ることができ、お子様にとって学びの場でもあります。

那須どうぶつ王国は、小動物が中心であるため、ふれあいや間近での観察ができるため、小さなお子様からでも十分に楽しむことが出来ます。また、バードショーや、その他動物のアトラクションなどが開催され、動物の動きや特徴など学ぶことができます。。

りんどう湖レイクビュー
湖のほとりで、ファミリーみんなで楽しくレジャー

1日いても全部を見ることができないほど、広い敷地であり、ふれあい動物も多く、お子様から大人まで、十分に楽しむことが出来ます。また、オリジナルグッズを扱うショップも充実しており、楽しくすごすことが出来ます。

りんどう湖という湖がありますが、その上を、向こう岸まで空中散歩をすることが出来ます。高いところから雄大な景色を見ることができます。テレビ番組の「おじゃマップ」でも紹介されていました。また、動物とのふれあいなども出来、お子様が主役で楽しむことが出来ます。

素敵なホテルやペンション、コテージ、温泉
素敵なホテル、ペンション、コテージと癒しの温泉

那須町には、たくさんのホテル、ペンション、コテージがあります。そのどれにも温泉が付いており、宿泊では素敵な1日を過ごすことが出来ます。また、料理もおいしく、那須牛のステーキなど、おいしいものが揃っています。

那須町には、素敵な雰囲気のホテルやペンション、コテージがたくさんあります。どこに宿泊したら良いのか迷うくらい、点在していますので、次はどこに行こうかと、何度でも訪れたくなります。そのどれにも、癒しの温泉が付いており、それも特徴の一つです。

那須町PR

お子様のおられるファミリー層は、親御さんの行きたいところ、お子様の楽しめるところに違いがあり、旅行先をどこにしようかと、迷われることがあるかと思います。しかし、那須町には、そのどちらも満足できる施設が多くあり、ファミリーすべてが笑顔で過ごせる、数少ない場所ではないかと思います。

さくら市

さくら市のいいところ
ゆうゆうパーク
市民皆が憩えて、さらに楽しめる桜の名所!

ゆうゆうパークは旧氏家町の町制施行100周年を記念して、鬼怒川の堤防付近に作られた公園です。遊具は比較的少なめな印象ですが、隣接する勝山城跡や博物館、春の土手の桜並木など、市民の憩いの場となっています。

何と言っても土手にある300本以上の桜並木です。ここ数年で樹勢も立派になり、さくら市の花見の新名所となりつつあります。土手の上なので遠くの山々も見えます。このほかにも御衣黄という、珍しい緑色の花の桜も咲きますよ。

喜連川温泉
日本三大美肌の湯につかってお肌つるつるに!

喜連川温泉は、1981年に旧喜連川町が町おこしの一環として、当時の町長が資材を投げ打って掘り当てた温泉です。ある温泉評論家によると佐賀の嬉野温泉、島根の斐乃上温泉と共に日本三大美肌の湯、とされているいいお湯が沸く温泉です。

新しい温泉なので温泉街は特にありませんが、日本初の温泉付き道の駅であった道の駅きつれがわなど、温泉施設は充実していますし、宿泊も可能です。このほか、近くには早乙女温泉とも呼ばれる別の泉質の温泉もあります。

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
仏画にのこぎり、雨情…いろいろ楽しめる博物館!

1993年に旧氏家町により設置された総合博物館です。美術歴史民族の3つをテーマとしています。特に美術については旧氏家町出身で、法隆寺金堂壁画の模写などで知られる仏画家、荒井寛方の展示が充実しています。

荒井寛方の荘厳な仏画のコレクションは必見ですが、このほかのこぎりの研究家、吉川金次から寄贈されたのこぎりコレクションや、妻が喜連川の出身である野口雨情ゆかりの展示も見逃せません。企画展は年10ほど行われているほかイベントも多々あります。

栃木県で1番住みやすいまち
宇都宮東京にも近く、レジャーにも便利!

東洋経済新報社が毎年全国813の市と区を対象に「住みよさランキング」を集計していますが、2016年度版においてさくら市は全国85位、関東では14位となり、県内では宇都宮市などを抑えてトップになりました。

市域の南西部が宇都宮市に隣接しており、近年移住者が目立っています。国道沿いのロードサイド店を使えば普段の生活には事足りますし、宇都宮も車で30分前後、東京も宇都宮から新幹線を使えば2時間少々です。日光や那須等のリゾート地に行きやすいのも魅力です。

喜連川足利氏
あの徳川と肩を並べた、日本一小さな大大名

かつて市の東方の喜連川は喜連川足利氏の城下町として栄えていました。足利尊氏の末裔としては唯一大名の位を持ったまま明治維新を迎えました。5000石ほどしか石高が無く、通常は大名にはなれませんが、足利家ということで徳川政権に優遇された経緯があります。

何と言ってもその数奇な運命に魅力があります。石高のエピソードは勿論、参勤交代の免除など、家柄故に大変な厚遇を受けていたことが記録されています。また、かつての城跡や城下町の散策もおすすめで、城跡であるお丸山公園は喜連川地区の市民の憩いの場です。

さくら市PR

さくら市はどこかパッとしない印象の街ですが、春のさくらは市名の由来になっただけあり、大変見事です。お花見ついでに喜連川の温泉に行くのもいいですね。

佐野市

佐野市のいいところ
佐野プレミアムアウトレット
ベビーから大人まで揃う、充実したショップ数とアイテム数

おしゃれな人が全国から集まる施設、「佐野プレミアムアウトレット」。家族向けのショップからハイブランドショップまで立ち並ぶ、どんな方も楽しめる施設になっています。食事処も充実しているので一日中楽しめます。

おしゃれに敏感な方たちがこぞって訪れる施設、「佐野プレミアムアウトレット」。シーズンがずれて売られているものや、1年前のモデルのものが売られているため、通常価格より安く、まさにアウトレット価格でほしいブランド物が手に入るのです。お得感満載です!

佐野ラーメン
とにかく美味しい!ツルっとしたのどごしで、スープもあっさり。

青竹で打たれたちぢれ麺に絡むスープは、きれいな透明で味は鶏がらスープでさっぱりしている。具はシンプルに、チャーシューとメンマとネギがのっている店がほとんど。大人から子供まで、万人受けする味わいになっている。

佐野ラーメンのいいところは、味だけではなく値段も魅力的。「森田屋」や「万里」など、佐野ラーメンといえば思い浮かぶ有名店でも、価格はすべて800円以下。ラーメンと餃子を頼んでも1000円でおつりが返ってくるからびっくりです。是非一度ご賞味あれ。

いもフライ
一本80円という驚きの安さ。何本でもいけちゃいます。

ふかしたジャガイモを一口大に切って、揚げられて串に刺してあり食べやすくなっている、まさに佐野市が生んだB級グルメです。甘めのソースがよく合い、沢山かかっているのが好きな派と、少しだけかかっているのが好きな派に分かれます。

佐野市を代表するB級グルメだけあって、昔からやっているお店がいまでもつぶれずにやっているところが沢山あります。店構えは、少し古くて、入るのに勇気がいりますがそれもまた魅力の一つだと思います。どこか懐かしい気持ちになれる一品です。

フルーツライン
フルーツの食べ歩きが出来る夢のような場所です。

道沿いに果樹園が立ち並び、その時その時の季節のフルーツを実際に試食したり、フルーツ狩りをして楽しめます。実際に育てた方が直接売っているので、その年の出来や食べごろなどを聞くことが出来るかもしれません。

いちごや桃、梨やブドウなど、時期によって様々な果物が並ぶフルーツライン。お店によっては果物狩りが出来るところもあります。自分でとった果物がすぐに食べられるなんて、幸せですよね。フルーツ好きには是非お勧めしたいスポットです。

佐野こどもの国
どこまでも広がる芝生の広場で、のびのびと遊べます。

広い敷地に大型遊具があり、低年齢児向けの遊具から高学年向けの遊具まで揃っており、どの年齢の子供にも楽しめる施設になっています。室内で遊べるところもあるので、雨の日や、ハイハイ時期の小さなお子さんも安心して遊べる施設です。

屋内と屋外にそれぞれ遊ぶところがあり、どんな時でも楽しく遊べます。屋内施設には、「斜めの部屋」や、「電車の運転手体験」、「新幹線のジオラマ」など、子供たちの好奇心を駆り立てるものがいっぱいです。体の仕組みを学べる大きなパズルなどもあり、遊びながら学べるというところも一つの魅力だと思います。

佐野市PR

いかかでしたか?佐野市は大人も子供も楽しめるところが満載なのです。高速道路もあるためアクセスが良いところも助かりますよね。是非一度遊びに来てください。

栃木のおいしいもの

栃木のおいしいいちご

有名なブランドフルーツというだけあってプレゼントされた時、とっても嬉しかったです。1パック1800円相当で、手作りのケーキの苺としてのっかっていました!お店で買うよりも高級なケーキになり、苺にこだわっているため全体のケーキの味もより引き立ててくれて最高に美味しくって、それからあまおうの苺が大好きになりました。また、思い出だけでなく甘みがめちゃくちゃ甘く、果汁のジューシーさも最高で、単品での美味しさも最高なのも好きなポイントです。 苺だけで食べるときは、お馴染みのコンデンスミルク。シンプルだけど、デザート感と満足感を満たしてくれます。

粒1つ1つが大きいです。糖度も非常に高く、一口食べると果汁が溢れ出てきます。桃のようなみずみずしさで、何個でも食べたくなるおいしさです。硬くもなく、柔らかくもなく、丁度いい食感でとにかく果汁がすごいです。採ったものも売っていますが、ぜひ採れたてのものを食べて欲しいと思います。一口では入らない大きさのものが多いですが、またそれがいい。一口かじった時のじゅわっと口に広がる甘さがたまりません。生クリームなどと一緒に食べるといういちご狩りも流行っていますが、このままが一番美味しいと思います。

いちご生産については一番である栃木県からの贈り物だと言えます。みずみずしくかつとても甘く、口の中で弾けるようになくなる、そんな綺麗な大粒の真っ赤ないちごです。多種多様なケーキの上の彩りにも最適だと思います。また、ビタミンCも豊富に含んでおり、染みソバカスの対策だけでなく、免疫力の向上にもつながる品種なので、女性にとっても男性にとっても非常に嬉しい効果が期待できるのが最大の特徴だと思います。少し値は張りますがぜひ一度は食して頂きたい品種です。

とちおとめは甘みと酸味がバランスよく、単品で食べても美味しいが、ケーキの甘さととちおとめの酸味で甘さに合わせた酸味で食べ飽きさせないのが特徴。ビタミンが豊富で風邪予防やお肌にも良いので、大好きです。とちおとめは、何といっても50年近くいちごの生産量が日本一!半世紀も前から、食卓に並び日本のいちごの代表品種です。子供から年配の方まで愛されています。赤ちゃんの離乳食としても大活躍。冷凍してレンジでチンすれば、程よい甘さと柔らかで、フォークですりつぶしやすい大きさなので準備も簡単です。離乳食初期の赤ちゃんには食べることに興味を持つきっかけとなります。とちおとめは、ずっと愛されている品種です。

とちおとめは甘味が強く良い香りでとっても美味しい。毎年わが家は冬になるととちおとめ求めにいちご狩りへ行きます。美味しい食べ方はへたの方から食べると最後に甘さが残ってかなり美味です。練乳などはかけずにイチゴ本来の甘さを堪能します。あとは王道ではあるがイチゴのショートケーキ!初めて食べた時は美味しすぎて衝撃を受けました。この世にこんなデザートがあったなんて!それ以降我が家の誕生日は必ずショートケーキが出てきます

色んないちごを食べてみましたがとちおとめが1番甘くジューシーで美味しいです。いちごで何が好き?と聞くと大抵の方はあまおうとよく言います。理由は甘いから。しかしあまおうは甘いからあまおうではなく赤くて丸くて大きくて美味いという意味であまおうと言う名前なので実際は酸っぱいです。しかしとちおとめは酸味はありたすぁそれ以上に甘味もありいちごらしい甘酸っぱい味がするのでいちごが食べたくなったらまずこれを買えば間違えないないと思います

私が好きな果物はいちごです。いちごと言っても様々な品種がありますが、私が好きな品種はとちおとめです。とちおとめはとっても甘くて小さい頃から大好きです。大人になってから分かったのですが、とちおとめは大粒でも小粒でも形が良く、甘さも変わりません。甘いだけではなくちょうど良い甘酸っぱさがあり、大人でも子供にでもおすすめです。栃木の品種なので、栃木の自然で育てたからこそ美味しさが増すとおもいます。シーズン終わりのいちご狩りで取ってきたいちごはジャムに最適です。

切った断面まで赤く、見た目からおいしそうです。その理由からケーキの飾り付けなどにも使われることが多いです。もちろん甘みも十分にあり、大変に美味しいです。お菓子などの甘みにも負けないおいしさがあります。良くいちごに練乳をかけていただくことがありますが、そういう食べ方よりも、そのままかミルクまたはヨーグルトなどのシンプルな食べ方がよりおすすめ出来ます。ロールケーキなどに入れても切った断面が美しいのでおすすめですよ。

ザ・いちご、という形の良さや色の鮮やかさが見た目にまず綺麗でおいしく見える。また、粒が大きいので食べ応えがある。味は甘くて、柔らかくジューシーなのでそのまま食べても美味しいし、練乳との相性もばっちり。栃木県というのは、冬の日照時間が長く、いちごの栽培にも適しているので味のよい苺ができる。また、収穫量も日本一で毎年20000トン以上の苺を収穫している。ジャムにしても美味しいし、甘さを控えた生クリームやケーキと合わせるととても美味しい。

甘さが最高!だと思います。 昨年 いちご狩りに行った時に とちおとめ と あきひめ がありました。両方とも食べ比べができて、美味しかったのですが、飽きない甘さは とちおとめ でした。もちろん 他品種でも人気の高い あまおう などは甘さがピカイチなのかもしれませんが、私はいちご狩りに行っても飽きずに何個も何個も食べられる とちおとめ が一番好きです。現在 愛知県に住んでいますが、愛知県でも生産があるようで、スーパーでもわりと見かけます。買いやすさも好きな理由の1つです。

以前スーパーの青果売り場で働いていました。あまおう、紅ほっぺ、とよのか、さがほのか、女峰、章姫といろいろな種類のいちごを食べました。値段でいえば、あまおうがトップなのですが、私はあまり好みではなかったです。あまおうならとちおとめですね。紅ほっぺも粒も大きめで果汁も多く甘くて美味しいのですが、やはりとちおとめ。なかでもステビア栽培のとちおとめは絶品です。とちおとめはどちらかというと粒が小ぶりですが、甘さはダントツです。本当に美味しいです。

大きさも大きいのから小さいのまでスーパーに売ってます。なので、子供が食べるときは小さいのを買うので一口で食べれます。価格もお手ごろなので、気軽に買うことが出来ます。自宅でケーキを作る時やサングリアなどにも使ってます。また、いちご狩りも高い品種の物に比べて安く行けますし、栃木だけでなく、各地のいちご狩りでとちおとめの品種を目にします。その理由は、日本で一番栽培がされているからなのです。甘くて、真っ赤なとちおとめでとても美味しいです。

とちおとめは、粒も大きくてとても食べごたえがあります。いちご独特の甘酸っぱさは、若干押さえられて甘さが強く食べやすい品種ですし、とても人気も高いです。ハウス栽培も盛んなので、12月くらいからいちごは食べられますが、やはりおいしいのは少し暖かくなってきた春先です。値段も手頃になってきますので、買いやすい上に味も美味しくなっています。昔のいちごは、練乳などもかけて食べたりしてましたが、とちおとめはそんなものが無くても充分あまいので、そのままパクパク食べてしまいます。

栃木のおいしい小松菜

野菜と言うと結構灰汁の強い物も有る様に思いますが、小松菜は灰汁が余り無く、食べやすいです。10月の出荷量が一番多い様ですが、一年を通して全国的に作られており、手に入り易く便利な食材のように思います。味噌汁の具にしたり、和え物にも良い様ですが、私的には炒めて食べるのが一番好きです。油揚げや肉、もやしやキノコと一緒に炒めて食べます。癖が無いので、結構何とでも合うと思いますし、量も食べられます。カルシウム、ビタミンも豊富に入っていますので、健康面からみても良いですし、一石二鳥ではないかと思っています。

栃木のおいしい梨

「新高」と「豊水」を交配して作られたにっこり梨は、800g~1kg程ある大きな梨で、その大きさは「幸水」の2?3倍ほどはあります! 糖度は12~13度以上はあり、みずみずしさと甘さは今まで食べた梨の中でも1番でした。一般的な梨よりも1~2か月遅い収穫で2~3か月は常温で保存が可能だから家族でいつでも好きなときに食べれるのが嬉しいです。幼児の顔ほどの大きなにっこり梨は贈り物にしても驚きと共にとても喜ばれます。甘い果汁と滑らかな触感で生で食べるのが一番のオススメですが、サラダなのどに入れても美味しいです。

にっこりはとにかく大玉で、甘くてジューシー。新高と豊水を親に持つサラブレッドで、親が人気の品種であるため、さすがと思わせる一品。食感は普通に出回っている梨とは違い、サクッ、フワッとした上品な柔らかさがあります。味は絶品で甘さは格別。一口食べるだけで、口いっぱいに梨の香りが広がります。にっこりはとても大きく、二人で一つくらいがちょうどいい。食後のフルーツとしてだけではなく、生ハムと巻いて食べても絶品間違いなし!