トップ > 富山県

富山県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!富山県のおいしいもの

富山県のおいしいイチゴパフェ

ココナッツ・アイランド本店 の イチゴパフェ

ここがおいしい!

パフェグラス一杯に甘酸っぱいイチゴがどっさり入っています。アイスや生クリームなどは必要最低限におさえ、とにかくイチゴに自信があるお店です!(ずんぐり。)

お店の場所

富山県富山市婦中町笹倉87-1

富山県のおいしいおでん

万直し の おでん

ここがおいしい!

港町の海の近くのおでんやさん。家庭料理や地魚料理を中心にたくさんのおでんメニューがあります。夜は日本酒の飲める居酒屋としても。駅からは徒歩10分ほど。(ずんぐり。)

お店の場所

富山県魚津市本新町26-21

富山県のおいしいかき氷・たいやき

たいやき屋まるきん の かき氷・たいやき

ここがおいしい!

地元の学生が学校帰りに通うようなお店でとにかく安い!ほかにもどんどん焼きや、隠れメニューの揚げたいやきは絶品です。(ずんぐり。)

お店の場所

富山県魚津市文化町9-18

富山県のおいしいゲンゲの竜田揚げ

海風亭 の ゲンゲの竜田揚げ

ここがおいしい!

深海魚のゲンゲをサクサクとした食感に美味しく揚げてあります。表面はサクサクしてるけど、中のゲンゲはふわとろで美味しいです。ゲンゲ自体が淡白な白身なので、さっぱりと食べられますよ。(そら)

お店の場所

富山県魚津市釈迦堂1-13-5美浪館1F

富山県のおいしいそば

アンティーク・コーヒー六蔵 の そば

ここがおいしい!

アンティーク家具集めが趣味の老夫婦が始めた店。基本メニューはコーヒーのみで、静かな大人の店です。普段はお昼のカレーのみですが、主人がたまに気まぐれに作るお蕎麦。風味がとても良いです。(ずんぐり。)

お店の場所

富山県魚津市北鬼江2丁目17-10

富山県のおいしいたら汁

ドライブインきんかい の たら汁

ここがおいしい!

海岸近くの国道沿いにあるこちらのお店では、美味しいたら汁が頂けます。かつては漁師の間で食べられていたというこの料理は、新鮮なたらを丸々一本調理したダイナミックで、栄養満点の一品です。(まったり)

お店の場所

富山県下新川郡朝日町宮崎25-1

富山県のおいしい魚介・日本酒

浜多屋魚津駅前店 の 魚介・日本酒

ここがおいしい!

駅から徒歩1分の立地にある居酒屋。地元の魚がとにかくうまい。日本酒ソムリエの資格を持つ主人のアドバイスも非常に参考になります。(ずんぐり。)

お店の場所

富山県魚津市釈迦堂1丁目15-8

富山県のおいしい昆布パン

大阪屋ショップ の 昆布パン

ここがおいしい!

昆布の塩気とパンの食感が面白いです。初めて食べた時は昆布とパンのコラボレーションに戸惑いましたが、1度食べれば病みつきになります。(虎さん)

お店の場所

富山県高岡市佐野1256-1

富山県のおいしい持つ煮込みうどん

糸庄 の 持つ煮込みうどん

ここがおいしい!

見た目はボロいですがとにかくアツアツでおいしい。モツはだめなんだけどここのモツはおいしい!という友人も。また混雑時は相席となりますが、おかげで回転が早いです。モツ煮込みうどんがメインですが、モツつまみといううどん抜きメニューにビールが最高に合います!(ずんぐり。)

お店の場所

富山県富山市太郎丸本町1-7-6



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



富山県の紹介

海ではホタルイカの身投げや蜃気楼といった神秘的な現象を見ることができ、海鮮料理を堪能することもできます。また、ゴールデンウィークには、砺波市で開催されるとなみチューリップフェアにて、咲き誇るチューリップを楽しむことができます。

富山県の自然

海では自然の神秘的な現象を堪能することができるほか、新鮮な海の幸を楽しめます。山では雪の大谷と呼ばれる絶景や黒部ダムの観光放水、また紅葉に彩られた景色を眺めながらゆったりとしたトレッキングを楽しむことができます。

富山県のおすすめスポット

環水公園には園内を見渡すことのできるスターバックスコーヒーがあり景色を眺めながらコーヒーなどを楽しめます。また、年中ライトアップしている泉と滝の広場があり夜のきれいな景色を堪能することができ、とてもいい雰囲気の場所です。

富山県の人

富山県民は穏やかな人や心が豊かな人が多く、法政大学大学院の政策研究チームが公表する幸福度ランキングでは毎年ベスト3に入っています。困っている人がいれば見て見ぬふりはできないそんな人が多いのでとても住みやすいところです。

富山県のお祭りイベント

地元の人々が一体となって盛り上がるお祭りやイベントが多くあり、規模の大きいお祭りはもちろんのこと、規模が小さくとも熱意や迫力のあるお祭りやイベントがたくさんあり初めて参加するお祭りなどでも楽しむことができます。

魚津市

魚津市のいいところ
海が綺麗で癒される
田舎で人が少ないのを逆手にとり、綺麗な海を独り占め♪

魚津市は海が近いので、私の住んでいた家の窓から綺麗な海を見渡すことができました。魚津は田舎で人も少ないので思う存分、海を満喫することができます。晴れの日にはカモメや様々な鳥が飛んでおり動物好きな私はとても癒されました。

魚津の海では蜃気楼を見ることができるので、その蜃気楼を見にやってくる人も何人か見かけます。私はまだ蜃気楼を見たことがありませんが、低い確率で見ることができた時には、とても嬉しいでしょうね。海の近くには道の駅もあるので、お土産を買っていくのにもおすすめです。

富山県唯一の水族館がある
富山県唯一の歴史ある水族館で、様々な動物たちと触れ合える

魚津には魚津水族館という歴史のある水族館があります。最近リニューアルされ、さらに楽しんでもらえるようになりました。私は今まで2回行ったことがありますが、毎回色々なイベントが行われており飽きることなく楽しむことができます。

魚津水族館では時間によって様々なイベントが行われているので、家族で行くのにもおすすめです。また、ドクターフィッシュという人間の皮膚の角質を取り除いてくれる魚もおり、手や腕の角質を取り除いてもらうために沢山の人でにぎわっています。

新鮮な魚介類を食べることができる
魚津の海で獲れた新鮮な魚介類を余すことなく食べられる

魚津市は富山県の中でも漁業が盛んに行われており、市内のお店でいつも新鮮な魚介類を食べることができます。新鮮な魚介類なんてどこでも食べられると思う人もいると思いますが、富山県の、魚津市の魚は特に美味しいと県外の観光客からも人気です。

魚津市内には魚介料理のお店が多く、様々な魚介を使った料理を食べることができます。また、比較的低価格で食べられるのでお腹を満足させることができます。魚津市は観光客も多いのですが、どんな方でも料理を楽しんでもらうことができます。

製造業が多く、働きやすい
数々の製造業の企業で、男女関係なく安定して働くことができる

魚津市は水産、半導体、機械部品を中心とした製造業の企業が多く、困ることなく働くことができます。育休制度なども盛んに取り組まれているので、男女関係なく働けます。また、正社員登用率も高く安定した収入を得られます。

製造業は仕事内容は決して簡単ではありませんが、福利厚生がとても良く、また比較的大きな企業が魚津市には多くあるので、生活に困ることはほとんどないでしょう。派遣として働いた場合も、数年後に正社員登用してもらえます。

福祉施設が多く高齢者も住みやすい
市民バスや地鉄バスを使い病院や買い物へも楽々行ける

魚津市は福祉施設が多く、どれも充実しているので高齢者も難なく住むことができます。魚津市に高齢者の住人が多いのはこのことが理由でもあるでしょう。市内では市民バス・地鉄バスが運行しているので、病院や買い物へ行く際に便利です。

高齢者が多い魚津市ですが、福祉施設が多いだけではなく、魚津市は山や海にも近いので自然を散策しながらウォーキングするなど健康促進にも効果があります。綺麗な空気を吸いながらウォーキングすることで、より良い人生を送ることができます。

魚津市PR

これまで5つの魚津市の良いところを紹介してきましたが、実際は他にも良いところがいっぱいあります。魚津市は富山県の中でも田舎の地域ですが、それに負けないくらいのメリットがいっぱいあるので、住んで損することはありません!きっと貴方も魚津市の虜になるでしょう。

立山町

立山町のいいところ
ジップラインアドベンチャー
スリリングだけど、インストラクターもあるので安心!

冬季はスキー場ですが、雪のない季節はジップラインというアクティビティになります。ジップラインとはゴンドラで高地へ移動し、ワイヤーでつられて滑るので絶景とスリルを体験することができます。世界的にも人気があるそうです。

立山の絶景がたのしめます!高いところが苦手な方も、初心者も、まずは地面が近いところで練習して半日のコースの中で少しずつステップアップしていけるので慣れたころに絶景&風を感じましょう!立山に来たらぜひ一度は体験してほしいです。

立山室堂
豊かな自然と気持ちいい空気を感じられる場所!

立山黒部アルペンルートに含まれる、立山のふもとです。登山者やハイキングに訪れる方がかならず通るところで、近くには散策ルートもあります。移動は富山地方鉄道で立山駅へ行き、そこからはトローリーバスが出ています。

一言で言うと、目で、体で自然を感じられる場所です。剱岳、雄山などの雄大な山々、四季折々の表情をみせるみくりが池、活火山を感じる地獄谷など見所がたくさん!特に紅葉の季節は山々はもちろんみくりが池に反射するもみじがきれいです。

常願寺川公園
のんびりした雰囲気の公園なので、子連れの散歩などにもおすすめ

立山町を流れる常願寺川の公園です。お花見の季節になるとライトアップされます。街中の桜並木と違い、周りが公園と工場しかなく静かなので、しっとりとお花見を楽しめます。さらにバーベキュー場、球場、テニスコートなどもあります。

お花見の季節になるとライトアップされます。街中の桜並木と違い、周りが公園と工場しかなく静かなので、しっとりとお花見を楽しめます。さらにバーベキュー場、球場、テニスコートなどもあるので家族連れで楽しむことができます

称名滝
夏は避暑地!滝にたどり着くまではハイキング

立山駅近くにある立山連峰から流れる滝。称名川となったのちに常願寺川に流れていく。350mという日本一の落差を誇る滝で、日本の滝百選に選定されている。春になると雪解け水が増水し、滝が二つに分かれる様をみることができる

日本一の高さを誇る滝なので見ごたえは抜群!滝を見るまでの遊歩道は25分と書いてありますが実際もう少しかかります。常にのぼり坂なので、体力がついていかないことも・・・。しかしたくさん歩いた後の絶景と、きれいな川はおすすめです。

グリーンパーク吉峰
木々に囲まれ立山の魅力たっぷりの施設です

温浴施設、バーベキュー場、キャンプ場、コテージ、喫茶などがそろう施設です。岩峅寺駅と立山市街地の間にあり、立山観光にちょうどいい場所に立地します。お土産もそろうので、宿泊でなく立ち寄るのにもおすすめです。

車で立山観光に来られた方にはおすすめです。日帰りでお風呂や喫茶を楽しむもよし、泊まりでのんびりするもよしです。夏場はキャンプやコテージ宿泊もおすすめです!設備が整っているので遠方から来た方も少ない荷物で楽しんでいただけます。

立山町PR

立山町は登山やハイキングを楽しんでもらえることはもちろんですが、そのほかにも温泉や町の公園など自然に囲まれた土地ですのでどこにいっても楽しんでいただけます。それぞれの観光地が離れているので、車での移動をお勧めします!

富山市

富山市のいいところ
路面電車
乗り降りも便利!市内の移動はこれで決まり!

富山市は公共交通の先進地としても知られています。市内には100年以上の歴史を持つ市内電車が走り市民の足として活躍しています。また2006年には岩瀬方面へ日本初の本格的LRTである富山ライトレールが開通しています。

市内電車ライトレールは場所によりますが日中でも10~20分おきにやってきます。床が低く乗り降りのしやすい新型車両も多く導入されている一方で、市内電車にはレトロな電車も多く活躍しています。また、2019年頃には駅の南北で分断されているライトレールと市内電車が接続され、より便利になる予定です。

水道水
立山が恵んでくれる、おいしいくて冷たい水

富山は県としても水が有名であり、富山市も水の街という性格を持っています。富山市の水道水は大変おいしいことで知られ、2012年から五年連続のモンドセレクション金賞(内3回最高金賞)も受賞している、お墨付きのおいしさです。

富山市の水道水は北アルプス立山連峰の冷たい雪解け水が長い年月をかけて適度なミネラル分を含んで湧き出しているものを使用しており、冷たくおいしい水が年中蛇口から飲むことができます。この水は「とやまの水」としてペットボトルでも販売されています。

富山県富岩運河環水公園
スタバもある、美しき富山が誇る最高の公園。

富山県富岩運河環水公園は、富山駅北側の再整備に伴い、かつて水運に使われ、役目を終えていた富岩運河の船溜まりなどを活用した、水に親しめる市民憩いの場です。近年では観光スポットとしての性格も見せています。

シンボルとなっている天門橋や、泉と滝の広場も有名ですし、運河に沿って整備された遊歩道を歩くのもよいでしょう。また公園内には世界一美しいスターバックスと言われる店舗もあり、歩き疲れたらここで休むのもよいでしょう。夜のライトアップも見どころです。

Toyamaキラリ(富山市立図書館富山市ガラス美術館)
富山市が誇る美しい図書館とガラスの建物。

Toyamaキラリは市中心部の西町にある複合施設で、市立図書館とガラス美術館、富山第一銀行本店が入居しています。建物は隈研吾による設計で、外観は立山連峰をイメージしたパネルで構成され、内部は吹き抜けと杉材のルーバーを活かしたデザインとなっています。

内部は図書館と美術館がフロアを分けず同居しており、独特な雰囲気です。建築として楽しむのもいいですが、来たからにはガラス美術館で富山が誇るガラス芸術作品を楽しんでみてください。施設内にはカフェなどもあります。

ます寿司
ますずしの本場で店ごとの味の違いを楽しもう!

ます寿司は富山の伝統的な押しずしで、木製のわっぱに笹を引いて酢飯とマスの身を詰めて押したものです。かつては神通川に遡上するマスが使われていたそうです。特に「源(みなもと)」の「ますのすし」は富山駅をはじめとする北陸地区の駅弁として全国的に知られています。

富山は県内に26、市内でも16ののます寿司メーカーがあり、それぞれに独自の製法、味を持っています。食べ比べをするのもいいですね。また「源」が運営するますのすしミュージアムではますのすしの手作り体験もできます。

富山市PR

富山市は立山や海の恵みを活かし、さらによいものへと高めつつあるいま注目の地方都市です。住むにも観光にも最高の街であると思います。

入善町

入善町のいいところ
杉沢のさわすぎ
自然豊か水空気が綺麗で子供が喜んで歩き回る事ができる。

海岸近くに古くから自然発生した杉の木が湾曲して多数生えている。林のようになっていて、中には池があり、昆虫を始め、生き物が生息している。湧き出ている水が綺麗で冷たいです。海に近いことから積雪も少ないです。

黒部川扇状地の海に近いところで杉の木が一体から何本もの杉の木が生えています。湧水地帯にある事は珍しいそうである。「自然館が併設されている。模型、映像、パネル展示がされている。9時から17時まで営業し毎週月曜日(祝日の場合は翌日)が定休日です。

自家焙煎珈琲屋 ダックスファーム
マスターの喋りが面白い。時には白熱した講義になる。

一等米に匹敵するコーヒーの生豆を仕入れ、ハンドピック(一粒一粒良い豆悪い豆を選り分ける)をし、良い豆だけを焙煎し、コーヒーにする。特に焙煎から日にちの経っていない新鮮な豆を使用しているので体にも良い。

立山連峰を一望することができる場所にある。池にはアヒルを飼っていて時には産みたての卵を購入することもできます。良い豆だけを焙煎した新鮮な状態のコーヒー豆を購入する事もできるし店内で飲むこともできます。遠くからもわざわざこちらのコーヒーを飲みに足を運ばれる方もいます。

水の小径
小さな小川沿いの散歩を楽しむことができる。歌も楽しめる。

入善町役場から東南方向に伸びている「水の小径」を歩いていると左手に「津村謙」のオルゴールというコーナーがある。昭和20年代に大ヒットし、紅白歌合戦に9回も出場した津村謙は入善町出身である。代表曲に「上海帰りのリル」がある。聞きたい曲を選択し歌を聴くことができる。

個人的には「津村謙オルゴール」です。ビロードの声として親しまれた津村さんの歌声を屋外で小川の側で聴くことができる幸せに浸れます。水車があったり、直接小川の水に触れることができるので子供連れにもお勧めです。

毎年4月に開かれるチューリップ祭り
春の爽やかな風を受けてチューリップに囲まれる。

毎年場所を変えて開催されるので場所は書けませんが田んぼ何枚も使ってこの祭りが開かれるのでスケールも大きいですし満喫できます。また、このチューリップは球根を取る事を目的としていますので遅くに行けば花を摘むところも見ることができるかもしれません。

入善町の特産物であるチューリップの球根を取るための何枚もの田んぼを一面にチューリップを植えて、壮大な立山連峰を背景に色とりどりのチューリップを堪能できます。出店もチラホラ出ています。ゆるキャラのジャンボール3世に会えるかも!

入善町の七夕祭り
手作りの七夕飾りと花火が見ものです。夜店も賑わう。

毎年7月6日7日に開かれる舟見の七夕祭りは舟見地区の各家庭が一年かけて作った竹の七夕を玄関先に飾り競い合う。6日夜8時から花火大会も行われる。雨天決行だが荒天の場合は翌7日に順延される。屋台もメイン通りに出店して賑やかである。

7月6日の花火は見応えがある。遠くからも花火を見に来るお客様が居るとのこと。7日はメインの通りに出店が並び賑わう。各家庭で一年かけて手作りされた大きな竹の七夕飾りが受賞を目指して競い合っている。よく見るとヤクルトのカラやヨーグルトのカラを沢山集めて飾りにしている、その努力と家族の協力の美しさを感じられる。

入善町PR

立山連峰を端から端まで観ることが可能な地点が何箇所もあるのは入善町が一番だと思います。海岸沿いのドライブもオススメです。何よりも水が美味しいのでお米が美味しいです。湧き水もあちこちに出ています。

高岡市

高岡市のいいところ
まち全体の文化遺産量
ゆるーく優しいまちと重厚な文化財を気軽に

国宝瑞龍寺と高岡大仏、金屋町、土蔵造りの街並みが徒歩とトラムのみでほぼ回れてしまうコンパクトなところです。意外としられていない穴場感、新幹線が止まるアクセスの良さと出会う人のほっこりした空気。来た人が絶対ハマるまちです。

瑞龍寺の凛として重厚な美しさを見学したあとにイケメン大仏を気軽にみられる!こんなところでこんなに盛りだくさんの観光ができるなんて!と期待せず来られた方が必ずもう一度来たくなる不思議な魅力の街です。もちろん海鮮やおいしいたべものも魅力です。

金沢を見に来たお知り合いが「金沢ってこんなもんか」ってなった方が帰りに、高岡によって「もっとみんなに教えたい!」ってなったそうです。

まんが道の世界が残るまち
伝説のトキワ荘出身生ける伝説藤子A先生の出身

藤子不二雄先生ゆかりのまちである高岡。まんがみちにも出てきた、初めて連載雑誌を買った本屋、夢を語った公園、集合場所だった大仏。全部そのままの場所に残ってます!美術館にはドラえもんミュージアムもオープン!小さいお子さんも昔ドラえもんファンだった親御さんにもおすすめです。

期間限定のドラえもんトラムは来ないとわからない素敵な秘密がいっぱい!二人が漫画家デビューを夢見た場所はそのままのこっています!ドラえもんを堪能した後はおいしい海鮮や街並みに癒されてくださいね!来てみて損はありませんよ!

珍列車!路面電車「万葉線」
まちのなかを通っていく不思議な路面電車。一度乗ったらトリコ

長崎や広島にもある路面列車が日常に溶け込んでいます。静かで近未来的なトラムモデルとレトロな「ねこ列車」2大人気列車どちらが来るかは運ですが、どちらも生活に根差したかわいい列車です。カメラ女子にもおすすめ!

2両の丸っこい路面電車がのんびり進む町中を中からのぞいてみてください。田舎の電車ですが、本数も多く、一日フリーパスを買ってぶらり途中下車の旅なんていうのもおすすめです。公園や町並みも近くにあるのでカメラ女子の皆さんにはぜひ乗ってほしいです!

運だめし!雨晴海岸
万葉集にも詠まれた風情ある雨晴海岸との共演!?

伏木の海岸である雨晴海岸は高岡をしらなくて見たことがある!というほど有名な海岸です。義経岩が海にぽっかり浮いた眺めはそれだけでもTHE日本海という風情がありますが、年に何回か義経岩のバックにきれいな立山連峰を臨むことができるんです!

年間降雨量が多い高岡だからこそ雨晴海岸の義経岩の後ろに立山連峰が出た日は県民でも感無量!ニュースになるくらい珍しいんです!運試しにぜひ一度足を運んでみてください。超ラッキーだと絶景をバックにハットリ君の氷見線が走るのを見ることができますよ。

ゆるきゃら、公式コスプレイヤー!?
キャラクターデザインもエヴァンゲリオンで有名な松原秀典さん!

ゆるきゃらとしては歴史上の有名人である、利長くん家持くん右近くんなどもかわいいですが、なぜか公式コスプレイヤーを毎年公募して「あみたん娘!」というキャラクターを売り出しています。小説に撮影会どこに向かっているの!?

実は公式レイヤーさんの中身は結構プロのレイヤーさんダンサーさん、衣装も公式でデザインも松原秀典さんということでイベントの日はびっくりするくらい盛り上がります。おじいちゃんおばあちゃんに人気のまちとスルーしないでサブカルタウンとしての一面も見てください♪

高岡市PR

聞いたことないな?富山って黒部でしょ?金沢のおまけでしょ?という方こそハマるまち高岡!あなたの琴線に触れたポイントがあればぜひいらしてください。

富山県のおいしいもの