トップ > 奈良県

奈良県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!奈良県のおいしいもの

奈良県のおいしいすいかの奈良漬け

柿の葉寿司ヤマト の すいかの奈良漬け

ここがおいしい!

食べやすくておいしいです。お酒にも会うし、ご飯にもあって普通の奈良漬けよりくどくなくおいしいです。おすすめです。(べか)

お店の場所

奈良県五條市五條3-2-2

奈良県のおいしいもちパイ

天平庵 の もちパイ

ここがおいしい!

もちパイは名前の通り、パイ生地の中にあんこが入っているのだが、その中に柔らかいお餅も一緒に入っており、何より生地はバターデニッシュのようなパイでサクっじゅわとしてます。一度食べたらやみつきになります。(wannyans)

お店の場所

奈良県北葛城郡河合町星和台2-6-2

奈良県のおいしいレインボーラムネ

イコマ製菓本舗 の レインボーラムネ

ここがおいしい!

1年に1度、3500人分しか製造されない幻の駄菓子「レインボーラムネ」。お店で並ぶ、またはハガキで応募するしか買う方法がないのですが、食べたらやみつきになる柔らかさと懐かしい味です。(ちーさん)

お店の場所

奈良県生駒市俵口町1421-2

奈良県のおいしい鮎ずし

平宗 吉野本店 の 鮎ずし

ここがおいしい!

平宗は柿の葉寿司としても有名ですが、実は鮎ずしの歴史は150年以上。柿の葉寿司たなかよりも古いんです。当時の天皇も召し上がった鮎ずしは素朴な味の中にもこだわり抜いた素材の旨みが活きています。(ちーさん)

お店の場所

奈良県吉野郡吉野町飯貝614

奈良県のおいしい柿の葉寿司

柿の葉寿司本補たなか の 柿の葉寿司

ここがおいしい!

鯖の柿の葉寿司がおすすめです。鯖と酢飯というシンプルな素材ですが、だからこそ鯖のおいしさがわかります。二口ぐらいで食べられる大きさなので、少し頂きたいときにちょうどいいです。(ねねこ)

お店の場所

奈良県奈良市東向中町5番地2

奈良県のおいしい柿バター

柿の専門店 奈良吉野いしい の 柿バター

ここがおいしい!

柿ジャムとバターを合わせたありそうでなかった商品です。とても濃厚で、トーストに塗るとただの食パンが「高級パティスリーの柿タルト」くらいにレベルアップします。(こえだ)

お店の場所

奈良県奈良市上三条町27-1村田ビル1F

奈良県のおいしい釜飯

釜飯志津香 の 釜飯

ここがおいしい!

注文をしてから炊き上げるので、少し時間がかかりますが、釜飯を食べると並んでいた時間を忘れるほどの美味しさです。また、赤だしのお味噌汁とお出汁が効いた優しい味わいの釜飯が絶品です。(おさかなさん)

お店の場所

奈良県奈良市登大路町59-11

奈良県のおいしい新鮮な魚

創作居酒屋夢心 の 新鮮な魚

ここがおいしい!

お店の店長さんが元々、お寿司屋さんで働いていたお店だけあって新鮮な魚料理が多く、それ以外にも創作料理がたくさんありとても美味しく、週末は予約をしないと入れません(いずみん)

お店の場所

奈良県大和高田市西三倉堂1-2-3

奈良県のおいしい大仏プリン

まほろば大仏プリン本舗 の 大仏プリン

ここがおいしい!

フタ部分に大仏様がプリントされた迫力があるプリンです。お土産にはもってこいのインパクトです。サイズは大小とあり、サイズ大は大きさも大仏級!なめらかで舌の上でとろけます。(ちーさん)

お店の場所

奈良県奈良市奈良阪町1073

奈良県のおいしい日本酒 風の森

油長酒造 の 日本酒 風の森

ここがおいしい!

葛城山の地下から汲み取ったミネラルたっぷりのお水と地元のお米「秋津穂」で作りあげた純米酒。果物を食べているかの様なフルーティーでさっぱりとした味わいなので。女性にもおすすめです。(ちーさん)

お店の場所

奈良県御所市本町1160



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



奈良県の紹介

京都と並ぶ古都ながら、京都とは異なり、着飾らない、のんびりとした雰囲気です。京都というと行儀作法に厳しく、一見さんお断りの店も多く、どこか排他的な雰囲気がありますが、奈良はその逆で、人をやさしく見守ってくれる雰囲気があります。

奈良県の自然

基本的に山里なので、市街地を外れればもう、周囲は自然だらけです。中でも吉野山は桜の名所として有名で、麓から山頂に向けて順々に、山全体が桃色に染まっていく様は、何度でも訪れて眺めたいと思うことでしょう。

奈良県のおすすめスポット

春の吉野山の桜は、全国的に有名な観光名所です。また、世界遺産である奈良公園には、縁結びの神として知られる春日大社、人懐っこいシカもいて、修学旅行生や外国からの観光客も多数です。8月のお盆の時期に開かれる万灯籠では、奈良公園や東大寺を含む奈良市の広いエリア一帯で、幻想的な美しい光景が広がります。

奈良県の人

古都ならではの古い慣習が残っており、近所の人々や町内で共同で生活していくスタイルが続いています。葬儀では近隣の人だちが手伝いに駆けつけ、第一子の初宮参りも近隣の人たちと祝います。それでも新参者を寄せ付けないような雰囲気はまったくなく、むしろ当然のように仲間に入れてくれる暖かい人柄の人が多いです。

奈良県のお祭りイベント

昔ながらの信仰行事が皆の手で大切に守られています。中でも水分神舎の秋祭りは盛大です。年に一度、宇陀水分神社(中社)の祭神ハヤアキツヒコ(速秋津彦命)に逢うために、惣社宇太水分神社の祭神ハヤアキツヒメ(速秋津姫命)が神輿で渡御されます。壮大な神輿行列に、境内へ到着後の激しい練り回しは、一見の価値があります。

天理市

天理市のいいところ
天理よろづ病院、博物館、詰所などの建物
千と千尋の神隠しのような世界観を味わえます。

一般的な病院や詰所の見た目とは違い、まるで歴史的建造物のような見た目をしています。これらすべてが同じ造りをしていて窓枠が赤かったり、手すりがお寺のようだったりと、外見からは何の建物なのかわからないのが特徴です。市の名前にもなっている”天理教”ならではの独特な建物です。

建物自体が大きく、それがいくつも並んでいる姿は壮観です。周囲にはイチョウの木などもあるので写真スポットとしてもとてもよいと思います。歴史的建造物や神社仏閣が好きな方はおそらく好きなのではないかと思います。

天理駅のイルミネーション(冬)
様々なイルミネーションが広場にたくさんあり、綺麗です。

天理駅の広場で冬に行われるイルミネーションです。大きなツリーや光のトンネル、蝶やイルカなど様々なイルミネーションが広場一帯に飾られています。駅にあるということで利用する方々が楽しめることはもちろん、これを見るために天理駅に立ち寄る方もいるそうです。、

大きなツリーの前で写真を撮ったり、光のトンネルの中や前で写真を撮ったり、はたまたここの小さなイルミネーションの前で写真を撮ったりと、SNSに載せるのにピッタリな様々な場面の写真が撮れます。ひっそりと鑑賞できるところもあるのでカップルに特にお勧めです。

桃尾の滝
町から離れたところにあるので隠れた人気スポットになります。

山の中にあるひっそりとした滝です。夏になると、ツーリングを楽しむ方々が多くここに涼みに来られます。山の中ということで車やバイクがないと行くことが難しいです。また、車途中細い一本道になるので極力バイクで行くことをお勧めします。

なんといっても涼しいです。町から離れた山奥にありますので、見つけにくく気づいたら通り過ぎているということもあるかもしれないのでご注意ください。ただし、1度行ってみるとその静かな空間に心が安らぎます。滝から流れた水で池ができており、そこに足をつけて水遊びもできます。

石上神宮
国宝や重要文化財に指定されている建物があり歴史があります。

拝殿は国宝とされており、楼門は重要文化財に指定されています。他にもこの2つに指定されているものがあります。ハイキングエリアのコースに組まれており、ハイキングを楽しみながら歴史に触れられることができます。

歴史的な建造物なので、歴史好きは1度は訪れたほうがよいかと思います。こちらも少し駅などから離れた静かな空間にありますので心穏やかにゆったりと楽しめます。また、上記にもある通り、ハイキングコースにもなっているので、健康を意識しつつ歴史も楽しめ、一石二鳥となっています。

白川ダム
静かな空間で自然にいやされると共にスポーツも楽しめる。

JR櫟本駅から徒歩約30分のところにあります。駅から遠いので車で訪れる人が多いです。ダムの周囲には竹林や果樹園、グラウンド、散策路などがあります。また、有料ではありますが、釣りを楽しむこともできます。

散策路は広くゆったりとしていて、自然にいやされる絶好の場所になっています。また、堤からは大和郡山の街並みを望むことができます。また、ダムでは有料で釣りも楽しむことができ、釣り好きの方々がよく訪れています。家族での散歩や犬の散歩にも最適です。

天理市PR

天理市には歴史的建造物や城跡などが多くあります。また、駅などから少し離れると自然いっぱいの空間を楽しむこともできるので、歴史が好きな方、自然をたくさん感じたい方はぜひ1度訪れてみてください。素敵な思い出が造れると思います。

奈良市

奈良市のいいところ
東大寺二月堂
静かで美しい、静謐な魅力に溢れている場所です。

東大寺のはずれに位置する24時間立ち入り自由のお堂。少し坂道を登りますが、登った先には素敵な景色が待っています。東大寺修二会(お水取り)で広く世間に知られている場所でもあります。東大寺に来た事がある!という方でも、二月堂は行ったことがない!という方も多いのではないでしょうか?

奈良の街並みを見渡すことができ、特に、早朝、夕方の景色は最高です。東大寺修二会(お水取り)でも有名。修二会の際にはかなり混み合うこの場所も、普段は静かでゆっくりと観光をして頂くことができます。拝観時間内にお越し頂けば、堂内の拝観も可能ですよ。

猿沢池
興福寺五重塔のすぐそばで最高の景色を楽しめます。

奈良の街中に突如出現するように感じる池。JR奈良駅、もしくは近鉄奈良駅から興福寺まで歩いていると突然小さな池がぽっかりと眼前に現れます。亀や鳩、鹿が集まるこの場所が猿沢池。猿沢池七不思議も唱えられる不思議な場所です。

采女祭りで有名な采女神社、阿修羅像や五重塔で有名な興福寺、商店街がすぐそばにあり、アクセスは非常に便利ですが、町中に突然現れる池に、非日常の空気を味わえます。なぜかゆったりとした空気が流れており、ここで写生をする方、ぼーっとする方など、たくさんの方が憩いの場所としてここを利用しています。

よつばカフェ
本や雑貨の展示があり、料理も美味しい、何時間でも居たい場所。

ならまちのはずれに位置する、小さくてかわいくて、ゆっくりとした時間の流れる、落ち着くカフェです。古民家を改装した店舗は、懐かしい気持ちを呼び起こしてくれます。お料理も美味しいし、店内で販売されている雑貨もかわいいです。

こちらのカレーは絶品です。お越しの際はぜひ1度召し上がってみてください!展示されている本や。販売されている雑貨を眺めつつ、何時間でも滞在したくなります。ときおり店舗2階のギャラリーで、創作活動をされている方の作品展示も行われているようです。

県庁屋上
無料で入れて、奈良の街並みを見渡すことができます。

奈良県庁の屋上は、実は規定時間内なら無料で開放されていて、どなたでも立ち入ることができるんです。写真撮影も可能です。さらに、県庁内にはコンビニエンスストアや観光パンフレットコーナーも併設されています。

写真撮影にも最適!県庁内には観光資料コーナーもあるので情報収集のお役にも立ちます。背の低い、小さな山々に囲まれた奈良の街並みを見渡しながら、ここがこの山、これがあの山なんて話に花を咲かせつつ、旅行プランを相談するのも良いのでは?

ならまち
地図を片手に歩いていると、一癖も二癖もあるお店ばかり。

古くから残る街並みを闊歩すると面白いお店ばかり。小さなカフェや、長屋形式の複合商業施設、古民家など、みどころいっぱいです!狭い路地に入ってみて、こっちには何があるかな?あっちには??なんて冒険も楽しいものです。

身代わり猿など、古くからの伝統と街並みが息づく場所です。狭い路地には、へんてこでおしゃれなお店がたくさん!最初は絶対に迷うので、地図は必須アイテム。地図を片手に何時間でもうろうろ歩いて、あなただけの掘り出し物のお店をみつけてみてください。

奈良市PR

関西の親しみやすさをもちつつ、ゆったりとした空気が流れる奈良は、日常の忙しさでささくれだった心をなだめるのに最適の場所です。古くからの伝統が残っており、知れば知るほど奥が深くて面白い町なんです!

奈良のおいしいもの

奈良のおいしいいちご

鮮やかで、綺麗な赤い色が特徴の「あすかルビー」は「アスカウェイブ」と「女峰」を交配させて作られた品種で、奈良県明日香村から始まったのが名前の由来となっています。 あすかルビーは一般的なイチゴより甘味が強く、比較的酸味が少なく、イチゴ特有の酸っぱさがないので、買ってすぐでもそののままパクパク食べることができます。 また、、地元のイチゴ農園で朝どりされたものは、小粒でも口の中で溶けるように香りと甘味が広がり、至福の味を楽しむことができます。このあすかルビーを、惜しみなく大量に使った、地元明日香でしか食べることができない「あすかルビーソフト」も絶品の味です。 酸味が柔らかく、癖がないのでどんなスイーツとも合いますが、イチゴのクリームチーズケーキがすすめです。

奈良のおいしいトマト

曽爾高原で作られたトマトはおいしいと評判です。高原の冷涼な気候と寒暖差、澄んだ水と空気から作られる野菜はとても味が濃く甘いです。特にトマトはみずみずしくて甘く、トマト特有の青臭さも気になりません。また、収穫時期によって、7月は水分が多くジューシーなものに、9月は皮が厚くしっかりとした濃い味と違いがあるので、食べ飽きることがありません。火を加えて料理に使うのはもちろんですが、そのまま生で丸かじりをするのが特におすすめです。自然の味がぎゅっと詰まっていることを実感できます。