トップ > 沖縄県

沖縄県のおいしいお店&おいしいもの

特集版!沖縄県のおいしいもの

沖縄県のおいしい寿司

割烹田舎 の 巨大ネタの寿司

ここがおいしい!

わたしが小さい頃から通っているお寿司屋さんで、お寿司のネタが通常の三倍程で大きくて食べ応えがあります。定食や、御膳も種類が揃っていてお座敷もあるので宴会や家族での食事もできます。(みーちゃん)

お店の場所

沖縄県宜野湾市大謝名1-4-1

沖縄県のおいしいソーキそば

南部そば の ソーキそば

ここがおいしい!

ソーキそばのソーキは骨からスルッとお肉がが剥がれて柔らかいです。 味付けも見た目よりは薄味で、お肉の旨味が味わえます。スープも豚骨ベースで麺と良く絡みます。糸満では人気店で多少並びますが、並んでも食べたいお店です。(maly.be)

お店の場所

沖縄県糸満市潮崎町3丁目2-2

沖縄県のおいしいタコス

キングタコス の タコス

ここがおいしい!

沖縄県にしかないお店キングタコス、通称キンタコの本店。サクサクの皮にたっぷり具を挟んだタコスが絶品。(ん。)

お店の場所

沖縄県国頭郡金武町金武4244-4

沖縄県のおいしいタコライス

Vegeful Lunch Cafe ベジフルランチカフェ の 玄米大豆ミートタコライス

ここがおいしい!

普通のタコラスと違い、玄米大豆ミートを使っているのでカロリーが低く、味も歯ごたえもしっかりしています。タコライスといえば野菜はレタスですがこちらでは水菜。玄米大豆ミートと水菜の相性は抜群でした。(リリー)

お店の場所

沖縄県沖縄市山内2‐6‐9アネックス島店舗1F(まがらっぷ内)1F

沖縄県のおいしいタコライス

キングタコス美里店 の タコライス・チーズ野菜

ここがおいしい!

他のお店の通常のタコライスよりボリュームが凄いです。中に入ってる挽き肉の味付けが独特のメキシカン風味でおいしいです。(gokuri)

お店の場所

沖縄県沖縄市美原2-16-11

沖縄県のおいしいチョコレート

Timeless Chocolate の チョコレート

ここがおいしい!

お店でカカオから作られる島ザラメが入ったチョコレートは他では手に入らない絶品です!アメリカンヴィレッジに増設部にあり、ロケーションも最高です。(ちゃちゃまる)

お店の場所

沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46DistortionSeasideBldg2F

沖縄県のおいしい肉料理

サムズバイダシー の ステーキ

ここがおいしい!

アメリカンステーキが食べられるお店です。店内もアメリカンな内装で素敵な雰囲気なので、記念日などにオススメです。カクテルを注文すると、オリジナルカップに注がれて出てきます。カップもオシャレでお持ち帰り可能です。(みーちゃん)

お店の場所

沖縄県泡瀬1-41-15

沖縄県のおいしいハンバーグ

ジョイフル の ハンバーグ

ここがおいしい!

沖縄のファミレスです。24時間営業で、安くて、日替わりハンバーグがオススメです。他にも沖縄料理メニューや、デザート、お子様メニューも充実しています。(みーちゃん)

お店の場所

沖縄県宜野湾市真栄原3-7-5

沖縄県のおいしいランチ

丸長食堂 の ランチ

ここがおいしい!

ランチと名前は付いてるが、24時間食べられます。ランチ内容は決まっていて、ポーク、ウィンナー、焼肉、チーズハンバーグ、焼き豆腐が入っています。ご飯にバターがついてくるので、ご飯の上にのせ、溶かしてからしょうゆを一滴垂らして食べるとおいしいです。(gokuri)

お店の場所

沖縄県沖縄市美里1-24-13

沖縄県のおいしい沖縄そば

いしぐふー 浦添大公園店 の 沖縄そば

ここがおいしい!

県産のあぐー豚を使用した、だしが効いたスープの上にあぶりソーキをトッピングしたアレンジそばがとっても美味しいです。(みーちゃん)

お店の場所

沖縄県浦添市仲間2-53浦添大公園展望台1F

沖縄県のおいしい沖縄そば

アワセそば の 沖縄そば

ここがおいしい!

沖縄そばで、おいしいお店です。アワセそばの麺は他の沖縄そばと違い、こしがあって、平べったく太い麺です。汁もおいしくて大満足の逸品です。(シーサー)

お店の場所

沖縄県沖縄市高原5-3-9

沖縄県のおいしい骨汁

味処まるなが の 骨汁

ここがおいしい!

骨汁というこのメニューは沖縄以外の地方では存在しないかと思います。沖縄そばなどに入れるソーキなどと一緒に煮た骨(身肉がついてます)と、レタス、しょうがで味付けした料理です。これを大きい丼に投入されて出てきます。お肉やスープに味が染みていてとても美味しいです。付いてくる油みそをご飯につけて食べるのが沖縄流でおいしいです。(gokuri)

お店の場所

沖縄県沖縄市海邦1-5-45

沖縄県のおいしい創作料理

いーばる家 の ふーちゃんぷるー

ここがおいしい!

沖縄で名物のちゃんぷるーはどこでも食べられますが、ここのふーちゃんぷるーは鉄板で焼いたような香ばしいさが最高です。(まる)

お店の場所

沖縄県糸満市照屋593

沖縄県のおいしい創作料理

あしびうなあ の 沖縄料理

ここがおいしい!

縁側席もある沖縄の古民家で昼は定食たのめて夜は居酒屋で店員さんで三線を弾いて沖縄を満喫できます。てぃびちそばは絶品です。(ぶやこ)

お店の場所

沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目13

沖縄県のおいしい野菜

だいこんの花 の 野菜

ここがおいしい!

沖縄県産の島野菜や、お肉、沖縄料理がたっぷり楽しめます。ランチタイムの方がお値段もお得でヘルシーなので新鮮なお料理が楽しめるのでオススメです。(みーちゃん)

お店の場所

沖縄県那覇市安謝620



あなたの「おいしい」を教えてください

おいしいものの場合は商品名や品種、ブランド、産地、特徴などをできる限り詳しくご記入ください。おいしいお店の場合は、店舗名や、所在地、おいしいメニュー、特徴などをご記入ください。

ペンネーム
商品名
お店の名称
場所or産地
Mail
おいしい特徴

 



沖縄県の紹介

国際通り。メイン通りは常に最先端沖縄土産が並び、歩いているだけでも楽しいですが、一歩踏み出してわき道に入るのがオススメです。浮島通り、パラダイス通り、壺屋のやちむん、桜坂劇場など、その通り事に雰囲気が変わり沖縄の様々な風景を体感ですることができます。

沖縄県の自然

備瀬ふくぎ並木。美ら海水族館の近くにあります。樹齢250年以上にもなるふくぎがおよそ2万本からなる並木道。一歩並木道に入る、音と風がやみタイムスリップした感覚に。集落の防風林としてずっと人々と共に生きる姿に感動する事間違いなし。

沖縄県のおすすめスポット

今帰仁の古利島。沖縄にきたらやっぱりきれいな海が見たい。そんな友達をいつもつれていくのが、古利島。天候や海の荒れ方にかかわらず、割と安定して綺麗な海を見る事ができます。島にかかる古利島大橋や、展望台も島にあり見る場所が確保されているところも魅力的。

沖縄県の人

なんといっても優しいところ。そして、人懐っこい印象の方言がそれを増幅させています。道の駅や市場にいくと、見ず知らずのおばぁが話しかけてくれたり、一緒に買い物をする事もしばしば。少し恥ずかしがり屋な面もありますが、一声かければそのやさしさに触れる事ができます。

沖縄県のお祭りイベント

沖縄全島エイサーまつり。毎年、沖縄市で9月に行われ沖縄最大のエイサーのおまつり。文字通り沖縄各地の青年団が一挙に集結し、それぞれのエイサーを披露します。その豪華さと熱気はこのイベントでしか味わう事ができません。

宜野湾市

宜野湾市のいいところ
海が近い
海がきれいで、南国の自然に恵まれたちいきです。

海が近くにあり、夏はバーベキューや、ビーチサッカー等でもりあがれる!!近くに、コンベンションセンターもあり、アーティストのライブイベントや、プロバスケットボール選手のスポーツ観戦もできて、とても環境に恵まれた地域です!!

海にはいくべきです。夏は、4月~10月まで遊泳可能で、BBQは年中可能なビーチがあります。海岸沿いをドライブするだけでもいいし、おいしいお肉とビールを飲みながらみんなでわいわいするのもよい!!とりあえず、ビーチに以降

バーベキューは、管理室からセットで借りれることができて、手ぶらでビーチに行って、バーべ級を楽しむことができます。

コンベンションセンター
沖縄を代表するイベント会場、地域の宝となる場所

シーズンによっては、プロバスケットボールの公式試合が行われるため、試合観戦もできる。冬は、プロ野球選手のキャンプ値としても利用され、イベントに多く利用されている場所になります。春には、国際映画祭も開催され、多くの有名人が来場します。

イベントの時のみではなく、一般の人達も、スポーツ大会等を行うときや、展示会等を行うときにも利用されている場所であり、地域の人々にも親しみのある場所となっています。会場までの道幅もひろく、とてもアクセスのいい場所です。

道幅広くアクセスよし、海沿いで立地もよい、沖縄を代表するイベント会場、地域に愛されつづけるいこいの場所

人がいい
人のあたたかさを感じられる、愛情の溢れた素敵な町

宜野湾市の人間は、優しくてとても人がいいです。その地域で会う人をすべて家族のように接し、とても明るい人たちが多いです。宜野湾市のみでなく、沖縄全体にいえることなのですが、本当にひとがよく、あたたかい人達がおおいです。

沖縄の言葉で、いちゃりばちょーでーという、1度あえばみんなともだちという意味の言葉がありますが、その言葉通りに人たちにあふれた素敵な地域です。オフィス街などが少なく、若い人たちの数は少なく感じますが、優しさと明るさにあふれた町です。

なんくるないさ、いちゃりばちょーでー、人とふれあうことの楽しさ大事さを教えてくれる、とてもいい人たちにあふれています。

ぬちぐすい
ぬちぐすいなグルメにあふれた、沖縄の台所

宜野湾市には、沖縄を代表する郷土料理のお店がたくさんあり、観光値としても有名です。なかでも、沖縄そばが県内でも上位に食い込むお店がたくさんあり、食に恵まれたとてもいい地域です。ぬちぐすいとは、命のくすり=ごはんです。

ごんという蕎麦屋さんがありますが、沖縄のそばNO1を決める大会「そば王」で優勝した経験もある、実績のあるお店で、とてもおすすめできる蕎麦屋さんです。また、少し基地方面に進めば、はなきなーという、景色のいいそば屋さんおすすめです。

おいしいそばやさんがたくさんある、県内を代表するグルメスポットとなっています。沖縄に来たら、一度わいくべきです。

沖縄国際大学
沖縄から世界へ羽ばたく、若い世代の未来ずくり

沖縄の未来を支える、優れた人材をそだてる、沖縄を代表するだいがくが宜野湾市内にあります。他国とのグループ大学もあり、沖縄から世界へ羽ばたく人間を応援する制度が整っており、沖縄の若い世代の育成地域ともなっています。

全国的にも代表する大きな図書館があり、学生のみならず、一般の方々も利用できる、宜野湾市民の学び舎のばしょとなっています。インターネットも自由に使用できる部屋が多く用意されており、現代社会に適応した最先端の大学です。

時代の先を行く、新しいことへの挑戦を応援してくれる環境。地域の未来をつくる、若い世代の集約基地となっています。

宜野湾市PR

魅力満載の沖縄を代表する地域宜野湾市!!観光客のみならず、地域の人たちからも愛される素敵な町です。沖縄を代表する素敵な海、グルメ、あたたかい地域の人達との出会いがあなたを成長させてくれます!南国の地域宜野湾市に来てみては!

南城市

南城市のいいところ
ニライカナイ橋
南城市の自然を目で見て感じられるスポット

海が一望できる絶景の橋で、地元のマラソン大会のコース内にも入っており、ランナーたちもその景色が目的で参加する人もいる。私も何度かそのマラソン大会に参加しており、それが目的で参加した一人である。そのくらい魅力的である。

おすすめは橋の頂上から下って行きながら通るのが良い。海が一望できる。車で通るのもよいが、やはり自身の脚で歩くかランニングしてみながら通るのがよい。ゆっくりと自然を目に焼き付けながら通るのが一番のおすすめ。

そば屋玉屋
南城市自慢のそばやのひとつ。シンプルゆえに間違いのない味

沖縄県内でも有名なそば屋で、観光パンフレットや雑誌のも掲載されている。そのため観光客の来店数も非常に多い。しかし、地元客も多く、やはり味が保障されているから。おいしい沖縄そばを食べたいのであれば、玉屋ではずれはないと思う

有名なため、お昼時は観光客もたくさん来店しているが、回転率が非常に高く、混んでいてもすぐに席につくことができる。そばも注文してから5分もかからずに熱々の状態で出てくるため、おいしいそばをすぐに頂ける。

まんぷく食堂
牛汁は地元以外から食べにくるほど有名、おすすめ

沖縄の一般的な定食がそろっているほか、牛汁、あひる汁、やぎ汁など他の食堂では食べられないようなメニューを楽しめる。特に牛汁は牛のすじ肉がとろとろに煮込まれていて、すぐにかみ切れるほどやわらかい。もちろん味も旨い。

おすすめはやっぱり牛汁。とろとろに見込まれているすじ肉は簡単にかみ切れ、スープにも牛肉のエキスがたっぷりしみこんでおり、美味い。興味のある方はやぎ汁やあひる汁なども試してみてもよい。滋養強壮に優れている。

あざまSUNSUNビーチ
綺麗な海、綺麗な施設、安心できる環境がそろったビーチ

南城市の自然の目玉のひとつである海を楽しめる。駐車場やトイレ、シャワーなどの施設もきれいに整備されており、使い勝手も良い。ハブクラゲ防止ネットも設置されており、安全面でも安心して海を楽しむことができる。

南城市内でもいくつかあるビーチの中では、最も整備がされていて使いやすいビーチ。もちろん海自体も綺麗で、沖縄の海を満喫することができる。BBQも行えるので、それを目的でやってくる人も多い。沖縄ではビーチパーティが一般的なので、それも含めて楽しめる。

大里城跡公園
大人から子供まで楽しめる広く愛される公園

城跡に隣接して整備された公園。展望台からの景色は絶景。18Hのパークゴルフ場では日常的にパークゴルフを楽しむ人たちが見受けられる。また、子供向けに遊具も整備されており、親子連れも楽しめるスポットとなっている。

親子連れは綺麗に整備された遊具で遊べる。また、それ以外の方はパークゴルフコースでパークゴルフを楽しむこともできる。展望台で南城市の自然を望みながら、ゆったり過ごすこともできる。幅広い年齢層が楽しめる公園。

南城市PR

南城市はとても自然豊かなところです。1位から5位まで以外にも伝えられないくらい魅力的なところが存在しています。また、自然を楽しみながら過ごせるカフェも多く存在する為、自然+食事も楽しめるところです。是非お越しください。

那覇市

那覇市のいいところ
首里城
沖縄のすべてを知るなら、まずは首里城公園へ

首里城は世界遺産です。歴史や文化が知れるだけでなく、滅多に見ることができない建造物や那覇市や豊見城市の風景を見ることができ、夜景スポットとも言われます。周辺にも玉陵などもあるので、1日中楽しめるのが特徴となります。

オススメは展望台です。首里城は那覇市の高台にあるので、那覇市や豊見城市、浦添市までを一望することができます。かつて琉球王朝が見ていた景色を望むことができるのがいいところでしょう。夜になるとキレイな夜景も見れますよ。

国際通り
沖縄で買い物をするなら国際通りのショップがオススメ

国際通りは観光ショップやレストラン・居酒屋などがございます。一つの有名観光スポットでありながらも、沖縄の歓楽街としても知られています。国際通りどこを歩いても、指笛や民謡などが聞こえてくるので沖縄らしさを感じます。

国際通りでのオススメは、牧志公設市場。テレビなどでも紹介されている観光地で、沖縄料理などを堪能することができます。見どころは元気な沖縄のおばー達の姿。とっても可愛らしくて愛嬌があり、すごい不思議なパワーがもらえます。

那覇メインプレイス
ショッピングが好きな方は那覇メインプレイスで

那覇メインプレイスは通称「メイン」として親しまれています。大型商業施設で、中にはフードコートや複数のショップが入っています。とっても素敵なところなので、中国人観光客で二府際います。映画館などもあります。

メインプレイスのオススメはなんでも揃っているところ。内地企業のショップが多数出ているので、なんでも買えます。最近、改装して広くなり有名ショップが入ったのでさらに利用される方が多くなりました。洋服も凄く可愛いです。

栄町公設市場
沖縄一のシャッター街、再び盛り上がりを見せる

栄町公設市場は、古き良き町並みが残っています。シャッター街となっていましたが、若者を中心に復興活動を行い、今では観光客に親しまれるなど一つの観光施設として発展してきました。いろんな飲み屋があって楽しいです。

栄町のいいところは「はしご」ができること。色んな飲み屋があるが、どの店も気軽に入れます。そして、驚くのが金額面。3件はしごをしても3000円なのですごく得した気分になります。色んなお店を開拓していくのも一つの魅力です。

松山
若者が集まる松山通りは歓楽街で毎日賑わう

松山通りは沖縄一番の歓楽街になっています。夜になるととってもキラキラし、多くの人で賑わう様子が見られます。キャバクラのお姉さんやホストのお兄さん、色んな人が歩いています。クラブもたくさんあり、若者が集まります。

松山通りには風俗店やガールズバーといったものがたくさんありますが、それだけでなく色んな居酒屋やバーなどがあります。なかには、バーの中にペンギンがいるところもあります。そのようなところにも行くといいでしょう。

那覇市PR

那覇市は沖縄の中心地です。上記で紹介したところ以外にもまだまだたくさんの魅力が眠っているので、自身で開拓するとすごく面白いです。キレイな町並みは沖縄を想起させないような違った魅力がございます。また、那覇市は若者に人気の街ですよ!

糸満市

糸満市のいいところ
海人の街
自然の恵溢れる土地で家族と過ごす楽しい生活

糸満市は海、川、畑と自然に恵まれた土地です。海では漁業はもちろん、海ブドウの生産も行っています。潮干狩りや子供達と海水浴ついでに夕飯の一品にモズクや貝が採れるほど自然豊です。漁業ではセーイカが沢山捕れ、去年は漁獲量日本一だそうです。

ビーチが4ヶ所あり、ビーチ以外にも地元民が集まる穴場ビーチが沢山あります。私も夏は子供達と穴場探しをしたり、キャンプ等楽しんでいます。また、畑も多く冬の名物『電照菊』はクリスマスイルミネーションを思わせる程至る所で見られます。

道の駅
観光地だけではなく、地元民の食と伝統行事

観光客はもちろんの事、地元民も朝から人足が絶えない人気の場所です。季節によって色々なイベントや行事が開催され、地元の子供達や親御さんも楽しめます。夏は近くの漁港でのハーレーがあり、子供達は羨望の眼差しで見入っています。

人気の道の駅『うまんちゅ市場』では糸満市内で採れる島人参をはじめ、色々な野菜やフルーツも安価で販売されています。変わり種としては、沖縄そばの麺が売られていますが『イカ墨』の真っ黒い麺が売られていますよ。

平和祈念公園
今日の平和を心から願い語り継ぐ、穏やかな場所

331号線を進むと見えてくる平和祈念公園やひめゆりの塔、平和祈念資料館がここにあります。昔の戦争の戦跡や歴史が語られています。現在、周辺は綺麗に整備され沖縄の子供達の遠足等の場所として愛されています。

現在綺麗に整備されたひめゆりの塔や平和祈念公園は、沖縄全域の小学校の遠足などに利用される憩いの場所となっています。緑豊かな環境で自然に触れ、尚且つ自分達が住んでいる沖縄の昔と今を比較する機会として利用されています。

ゴルフ場
ゴルフが一年を通して自然が一体となって楽しめる場所

糸満市にはゴルフ場が2ヵ所あり、自然と一体となって楽しめると言われています。冬にはまた違った一面を見せてくれるゴルフ場があり、その時期になるとカップルや家族連れが車で列をなしドライブスルー状態のゴルフ場があります。

沖縄は一年を通して楽しめるというゴルフ場ですが、クリスマス時期に綺麗なイルミネーションをゴルフ場スタッフが頑張っています。毎年ドライブスルー状態が続き、車中から見て進んでいきます。止まってもいいのですが何しろ長い車の列なので、家族連れには大変です。

琉球ガラス工房
炎から作られるガラスの魅力に引き込まれます

観光客が自分の作品を作れる場所として人気のガラス工房ですが、夏休みの宿題などで子供達を連れて行くには最適な場所として愛用して毎年製作に行くご家庭もあるみたいです。それぞれの色彩感覚や感性が見いだせる場所ではないでしょうか。

ガラス工房は大きな窯にガラス職人が汗だくになりながら一つの作品に打ち込む姿は素晴らしいと思います。間近で見る事が出来るので子供達に大人気です。ショップ内に入るとガラスで出来たお花が目に入ります。とても綺麗で私もそうですが女性を虜にしてしまいますね。

糸満市PR

ここまで5ヶ所紹介しましたが、全部は書ききれませんでした。観光客と地元民が同じ場所で楽しさを共有できる施設が沢山ある糸満市。海や川、山を愛する沢山の人に『楽しく・癒され・懐かしい』と感じる事のできる市です。是非一度足を運んでみて下さいね。

浦添市

浦添市のいいところ
歴史がすごい
琉球の歴史や文化、伝統芸能を肌で触れることができる

琉球王国発祥の地であり、12世紀から14世紀の約220年間、浦添城(現在の浦添城跡)を中心に琉球王国の首都として栄えた。その時の王様英祖(えいそ)が太陽の子であったという伝説があり、それにちなんで沖縄の方言で太陽を意味する「てぃだ」と「子」を合わせて「てだこ」と呼ばれることも多い。

市内には国指定史跡の浦添城跡の他、県や市の指定史跡として伊祖城跡、浦添貝塚、浦添御殿の墓、玉城朝薫の墓、仲間の排所群、内間の大アカギなど多数の史跡が残されている。浦添城跡にはガイダンス施設として「浦添グスクようどれ館」があり、発掘調査での出土品や戦前のパネルなどが展示されている。浦添市の史跡は観光地化されず、住宅地の中にひっそりと佇んでいる場所が多いので、静かに見て回れるのもうれしい。

歴史のみならず、沖縄の伝統芸能にも触れることができる。組踊と呼ばれる、琉球王国時代に念仏踊りと能、狂言をアレンジして発展した沖縄の伝統芸能があり、その組踊の公演や伝承者の育成、調査、研究を目的として建てられた「国立劇場おきなわ」が市内にある。この劇場は平成22年(2010)にユネスコの無形文化遺産にも登録されており、沖縄の方言や音楽に触れる機会を与えてくる。

港川ステイツサイドタウン
カラフルな建物やおしゃれなテラス。異国情緒あふれる街並み。

戦後のアメリカ統治時代、アメリカ人が住んでいた戸建ての外人住宅街を改装したカフェやレストラン、雑貨店などが20~30店舗集まった「港川ステイツタウン」と呼ばれるエリアがひそかな観光スポットとなっている。

国道58号線から入っていけるので、アクセスも良い。着いたらすぐ目に付くのは英語表記の看板やおしゃれでカラフルなドア。お店の看板やメニューも英語表記されているところが多く、海外に来た雰囲気を感じられる。

午前中に古着屋、雑貨を扱うお店を散策して、午後はカフェでランチやデザートを楽しむ。一日中このエリアでゆっくり過ごせる。

ブルーシールアイスクリーム1号店
カラフルで濃厚な味わいのアイス。フレーバーは常時30種類。

もともとアメリカ人向けのアイスクリームショップだった“ブルーシール”。そのおいしさを沖縄の人たちにも味わってもらおうと、1963年に浦添市牧港(うらそえしまきみなと)に1号店がオープンした。現在では、沖縄のアイスクリームといえば“ブルーシール”と言われるほど、沖縄県民はもちろん、多くの観光客にも愛されている。

平成21年(2009)に改装した店内は、創業当時の1960年代の雰囲気を再現。真っ赤なソファが並ぶボックス席や、英語表記のメニューなど、店内はアメリカンテイスト満載。アメリカ生まれ、沖縄育ちのブルーシールアイスは、沖縄らしい“チャンプルー文化(まぜこぜの文化)”の賜物。

オリオンビール
アメリカ統治下時代から半世紀以上のも歴史を持つ

沖縄のビールといえばオリオンビール。沖縄が誇る名産品となっているオリオンビールが本社を構えているのが浦添市。。沖縄の気候や食文化にマッチした爽快なのどごしと、マイルドな味わいが特徴のビール。沖縄県では最大のシェアを誇るまさに「県民のビール」

CMも魅力。オリオンビールでは商品ごとにテレビCMを作っており、出演者は沖縄出身や沖縄にゆかりのある有名人が出演している。CMソングやダンスの演出など音楽に関しても地元のアーティストの起用にこだわっている。

うらそえ織
かりゆしウェアからショールやネクタイ等の小物も商品化

うらそえ織は浦添で生産された繭(まゆ)から糸を引き、植物を煮出し、染め、織ってつくられた絹織物のことで、すべての工程を浦添市内で行っている。絹の光沢と軽やかさ、しなやかな風合い、自然の色味が特長的な織物である。

繭から糸を引いた後は、植物を煮出した液で染め、織りに至るまでひとりひとりの手作業で丁寧に作られている。織り方や柄に伝統的な縛りがない分、自由に作り手の感性が広がる。衣類のみならず雑貨などの商品開発もされており、最近では土産としても人気が出てきている。

養蚕に使用するために育てている桑の葉も有効活用し、「てだ桑茶」が開発された。桑葉には、食物繊維、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれていて、沖縄の新たな健康食材として注目されている。ノンカフェインなので、子どもや妊娠中の女性も安心。浦添生まれのアイスクリームメーカー「スノーラグーン」で桑を使った「抹茶アイス」を開発するなど、新しい浦添土産として人気を集めている。

浦添市PR

那覇市に隣接したベッドダウンであり、アクセスに便利で住みやすい。市内は那覇市ほど観光地化されていないものの琉球王国時代からアメリカ統治下時代の歴史を感じることができる通好みの観光名所がたくさんある。

竹富町

竹富町のいいところ
波照間島
なんといっても広く透き通った美しい海です。

日本最南端の有人の島です。波照間ブルーと呼ばれるエメラルドグリーンに透き通った海が広がる美しい島です。また、日本で唯一、南十字星が見られる場所でもあります。島には天文台があり、星を見るツアーでは天然のプラネタリウムの元、解説してくれます。

波照間島へ行かれたなら、ぜひシュノーケルで海へ潜ってください。他に日本のどこでも見たことのないような透明度で、たくさんのサンゴ礁に集まる魚たちが見れます。多くの確率でウミガメにも出会えます。きっと心が癒されることでしょう。

西表島
美しい海と大きなジャングルを同時に体感できます

八重山諸島の中で最大の島です。イリオモテヤマネコで知られるこの島は、イリオモテヤマネコだけでなく、たくさんの珍しい生物に出会えます。熱帯雨林の気候に属するこの島は、そのほとんどがジャングルに覆われ、山の生物から川の生物、そして海の生物まで、たくさんの生き物に出会えます。

西表島は熱帯雨林の気候に属するため、本島とは一味違った外国のような雰囲気があり、ジャングルをトレッキングしたり、川をカヤックで散策したりして、その島全体の自然に目いっぱい触れ合うことをおすすめします。

鳩間島
この小さな島の最大の魅力はなんにもないところです。

石垣島から高速船で気軽に行ける離島です。観光地としてにぎわっている石垣島に対して、距離は離れていないのにとてもひっそりした島です。島には野生のヤギも生息しており、歩いていると放牧されている牛を見かけます。

おすすめなのは、ゆったりとした時間を楽しんでいただくことです。島にはコンビニもなく、車もほとんどみかけません。ヤギや牛がたくさんいて、住民ものんびりしています。都会の喧騒から離れ、時計もスマートフォンも持たず、なんにも考えずに散歩してみてください。

竹富島
自然豊かでありながら便利な、異国な雰囲気が味わえます。

石垣島から高速船ですぐのこの島は、みんながイメージするような典型的な沖縄の雰囲気が保たれている数少ない島です。石垣島から日帰りでもいけることから、多くの観光客が訪れます。水牛車で集落をまわるツアーが人気です。

竹富島へ来たら、ぜひ水牛車に乗って集落を観光し、そのあとレンタサイクルで島を一周してみてください。自転車を漕いでいると、観光客でにぎわう集落内と対比して、とっても静かなのどかな場所があることに気づくでしょう。

由布島
水牛車で行く情緒あふれる植物園とその先の美しいビーチ

八重山諸島のひとつである由布島へは、西表島から水牛車で渡ることができます。砂だけでできたこの島は、植物園などが開設され、昼間は観光客でにぎわっています。とても小さな島ですが、十数人の島民が住んでいます。

由布島へ行くには西表島から水牛車に乗ります。この水牛車はただ交通手段としてではなく、舵をとるおじいは三線を引いて、道中大いに楽しませてくれます。ぜひこの機会に島のおじいにお話を聞かせてもらいましょう。

竹富町PR

大自然の中に浮かぶいくつもの島は、それぞれ違った魅力があり、きっと自分に合ったお気に入りの島を見つけられます。

石垣市

石垣牛
柔らかくて、味が濃厚でおいしい。

石垣島のいいところは、たくさんあって、自然で、海が透き通ってて、上から見ても海の中が見えます。石垣島の最北端に行くと、絶景が見えます。近くでは、パラグライダー体験ができて、綺麗な海の上を飛べます。本当に感動します。

夏前の夜には、蛍がたくさんいてる所があって道全てに蛍が飛んでます。踏んづけちゃうかなってぐらいいてて、幻想的な光景です。あとは、空を見上げると星空が凄くて流れ星にも出会える日もよくあるみたいで、都会じゃ味わえない絶景だらけです。

読谷村

紅いもタルト
甘くておいしい!大人から子供まで大好物なお菓子!

沖縄のお土産店で必ずと言っていいほど置かれているお菓子です。沖縄の名産である「紅イモ」を使った甘いお菓子で、まさに沖縄のいいところが詰まっています。一口サイズで食べやすく、意外といくらでも食べられるところがいいですよ!

読谷村に『お菓子御殿』の本店があり、外観もまさに沖縄!といった佇まいです。観光で来られた方は特に那覇から北部へ移動する事が多いので、甘いものが好きな方はぜひ立ち寄って、沖縄の味を楽しんでいってほしいです。

沖縄のおいしいもの

沖縄のおいしいオクラ

ネバネバで栄養満点!暑くて食欲がない日でもスルンと食べられます。鶏肉などと炒めたり、豚肉を巻いたりしてもおいしいのですが、やっぱり一番はシンプルに鰹節とポン酢の組み合わせが好きです。アッサリ食べられます。切った時のお星様みたいな見た目も可愛いです。野菜は国産を選ぶようにしているので夏場は鹿児島や沖縄産のオクラが出回るので、沢山食べます。旬を過ぎると国産がなくなるので残念に思っています。次の夏まで待ち遠しいです。

沖縄のおいしいドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは食物繊維がかなり多く含まれており、とても体に良い食物です。ドラゴンフルーツと聞くと不味い物と食わず嫌いの方も多いかと思いますが私もその1人でした。今では1番美味しいと思える果実になりました。パイナップルやキウイは舌がピリピリや酸っぱいと感じ沢山食べたいと言う気持ちが遠ざかって行きます。ドラゴンフルーツは白肉種というカットしたら中が白いタイプが主流だと思われますが、私がオススメするのは赤肉種の方です。不味い食べ物と思っている方にはまず赤肉種のドラゴンフルーツをカットする事から始めて頂きたいと思います。私は切った瞬間の色が想像との違いに感動しました。そして食べやすく切り食べた瞬間は、気が抜ける感じの食感と味が口に広がりました。食感はキウイ?じゃないでもキウイだ!と自問自答する様な感じです。味はキウイの酸っぱさや唾液がきゅ~っと染み出る感じがない味でした。全然不味くありません!私はフルーツの酸っぱみが苦手なので、ドラゴンフルーツが美味しい果実になりました。ドラゴンフルーツには面白さと美味しいさが兼ね備えられています。

沖縄のおいしいパイナップル

パイナップルって完熟していない白っぽい果肉だと舌を刺すような独特のチリチリした酸味がありますよね。サマーゴールドはチリチリチクチクせず、みずみずしい果汁とあふれ出る甘さだけが感じられます。果肉も黄色味が強く柔らかくて食べやすいです。柑橘系のいい香りでとっても美味しいパイナップルです!そのまま生で食べるのが1番サマーゴールド本来の贅沢な甘みと香りをダイレクトに感じることができる、美味しい食べ方だと思います!

沖縄のおいしいパッションフルーツ

原産は南米だそうで、暖かい地域で実る果物です。半分に割ると、オレンジっぽい果肉が黒い粒々と共に出てきます。それをスプーンですくって食べるのですが、その実の甘酸っぱさがたまらないです。そして、黒い粒々の触感もプチプチとしていて本当にやみつきになります。オーストラリアで食べたのが初めてでしたが、日本で食べるものも十分美味しいです。食べた時の甘酸っぱさが元気の源になるように感じられます。また、海外では、肉料理やデザートのソースに使われることもあります。